Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
本物のエコカーEV社の航続距離の進化!(Kei)

JUGEMテーマ:エコライフ

 環境にやさしいエコカーとして開発されたEV車も予感した通り、国産車も航続距離が500Kmを超える様になって「おもちゃ的」存在から、本格的な実用車になってきた様に感じています。

資金調達などで騒がれた「テスラ」もここへ来て、決算も良好な状況になってきていますし、「モデルX P100D」565Kmも「モデルS 100D」682Kmと素晴らしいエコそのものになってきました。

 

またBMWやベンツなどの企業も本格的なEV車の発売に向けて動き出しましたし、日本勢も動きがあったようです。

テスラという社名は狂気の発明家と言われた「ニコラス・テスラ」を彷彿させますが、正にそんなみんなの夢を乗せた企業としてスタートした訳で、最初は随分と苦労をしました。

しかしソーラーパネルについても蓄電装置についても、業界の常識を覆してきたことも確かで、パナソニックとの次世代バッテリーの開発、トヨタとの業務提携を経て現在に至っているのですが、トヨタも本格的にEV車の開発を進めています。

2008年に最初のEV車「ロードスター」(写真はTesla Model S)から11年目を迎えていよいよ好転してきたようで、これからが正念場となりました。

 

  

 

これからの10年でEV車が50%になれば完全に温暖化に歯止めがかかりますし、バッテリーや蓄電池の新しい製品が世に送り出される事は間違いないのですから、もっともっと注目をして欲しいと思います。

電費も実際に工夫すれば100Kmで200円ぐらいに抑えられますので、明らかに現在のガソリン価格125円で換算するとテスラの方が安い訳です。

ガソリン車ではない事でエンジンオイル等交換もなく、更にブレーキを掛ける回数が少ないのでブレーキパッドの交換等も殆どないと思って間違いないのです。

 

テスラのスーパーチャージャーももうすでに全国に20ケ所になりましたので上手に回れば、日本を1周できるくらいになっていますし、ガソリン車よりは工夫次第で非常に経費が安いのです。

よく間違った説明がされているケースが多く見かけるのですが、色々と計算してみるとEV車の方が環境にも優しい訳ですからもっと利用して欲しいと思いますし、補助金などを考えるとチャンス到来といった感じです。

競馬にAI導入は難しいかもしれないが不可能ではない!(創)

JUGEMテーマ:競馬

 私達の競馬のやり方は「6頭立ての競馬」(Pランク)による「勝ち逃げ」が、一つの購入方法として確立され、もう35年も実際にやられてきたのです。

しかし、最初からコンピュータでデータ処理が行われたのではなく、最初は手書きで行った統計学からでした。

それがIBM-PCやWindowsPCのお陰で、25年前くらいからPC(パソコン)によるデータ分析がスタートして、現在に至っています。

 

「PCランク」が正式名称なのですが、いつの間にか「Pランク」と呼ばれるようになったのです。

これを「Room365」のエンジニア達がAI化をしようと頑張っているのですが、データ分析が多種多様になっており、悪戦苦闘しているのです。

本当に残念な事ですが、騎手の相手が動物なのでデータ分析が行えない状態なのです。

特に不確定要素が大きく難しさは、競輪やボートとは比べ物にならないのですが、いつの日か使えるようになると信じています。

 

「6頭立ての競馬」も「Pランク」による「勝ち逃げ」もいくら推奨しても、みなさんの間では定着しなかったようにギャンブルの面白さはやはりスリルなのでしょうか、受け入れてくれる人は少なかったです。

実際に私達はその「勝ち逃げ」で家を建てたり起業をしたりしているのですが、400名以上のメンバーの中にも「勝ち逃げ」で競馬をやられている方は10名以下です。

圧倒的に「通常買い」が多く、最近は「Win5」に注目するようになりました。

 

私達もそんなこんなで「勝ち逃げ」を推進するのは間違いかもしれないと思うようになったのですが、20年以上もやって来たのに成果が上がらずこの辺で一休みという事になったのです。

特に問題がある訳ではないので、次なる研究をという事も含め今後は別のアングルで考えたいと思っています。

 

「勝ち逃げ」は私達の生活の支えでもあるし、好きな事をやることが出来る環境を与えてくれる最も優れた方法なのですが、どうやら待つことを諦めた人たちが多いのですね。

でもそんなものなのかもしれないです。

デジタル一眼カメラの進化と選択!(Sho-R)

JUGEMテーマ:デジタルカメラ

 最近カメラに嵌っていますが、オールドカメラの魅力も分かって来たし昨年はフルサイズが人気になったデジタル一眼、もう呆れるくらいいい写真が撮れるのでまたまたのめり込みそうです。

最初は今年大人気になった「SONY」の「α7ILCE−7M3」(188,200円前後)と「α7ILCE−7RM3」(278,000円前後)、私も何度かとても気になっているのですが、先日友人が使っていたのでちょっとだけ借りて使ってみました。

 

◎α7ILCE−7M3⇒ ミラーレスタイプ・画素数:2530万画素(総画素)/2420万画素(有効画素)・ 撮像素子:フルサイズ/35.6mm×23.8mm/CMOS 連写撮影/秒:10コマ・重量:565g

 

 

◎α7ILCE−7RM3⇒ミラーレスタイプ・画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素)・撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 連写撮影/秒:10コマ・重量:572g

 

とにかく本体の軽さに驚いたのですが、レンズを「FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G」(133,800円)の純正標準レンズ搭載でも1,228ℊ〜1,235ℊですから、この軽さは嬉しい重さで長時間でも腕に負担は少ないです。

色々と好みはあると思いますし、ニコンやキャノンと比較すると物足りなさは残りますが、確実に進化していることは間違いのない事でAFの進化は恐ろしいくらいです。

 

確実に一眼カメラに追いついてきたミラーレスと言える製品だと思っていますし、軽さ最高で、動く被写体を捉えるなら欲しい一台だと思っています。

タップリ撮影にピッタリの軽さが特徴の製品です。

カメラ | 07:30 | - | - | pookmark
「富士山を眺めながら飲む珈琲は最高の贅沢」(一杯の珈琲)19-06(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 なんとなく朝になると観てしまう「富士五湖TV」、毎朝6時くらいから7時くらいと暇な時の夕方4時くらいから5時くらいは、いつも富士山を眺めて珈琲タイムなのです。

特別「美味しい珈琲タイム」なので、なんとなくボーッとしていますが幸せな時間でもあります。

左の写真が8日7時、右が17時の富士山です。

 

 

 

朝焼けと夕焼けなのですが、同じ位置から撮ったものですのでそっくりに見えますけど朝と夕方なのです。

世界中の人々から愛され続ける「富士山」ですが、海外から帰ってくる時に観る富士山は「あ〜、日本に帰ってきた」と安心感をくれるのです。

 

 さて今日は競馬の話を中心にしていきたいと思います。

競走馬の平均時計が大きく変化するのは種牡馬によって変化してきており、「サンデーサイレンス」から「ディープインパクト」・「ハーツクライ」へと繋がったグループと、「キングカメハメハ」から「ロードカナロア」・「ルーラーシップ」に繋がったグループが出来つつあるのですが、海外からの種牡馬でも「ハービンジャー」は活躍馬を残していますのでまだ期待しています。

「ディープインパクト」に後継種牡馬がいない事が気になっていますが、そろそろ出てくれないかと期待して待っているのです。

 

それにしても「ロードカナロア」産駒の活躍は本物で、中距離でも活躍馬を輩出している様に非常に将来性豊かな種牡馬といえますし、今後最も活躍馬が出る血統になる可能性大です。

基礎牝馬の問題もありますが、「ディープインパクト」は盛んに産駒が海外へ流出していることもあって、今後は海外で活躍する種牡馬が育つ可能性もあって、まだ諦めることが出来ないでいます。

 

これからは「ロードカナロア」や「ハービンジャー」の子供達が、時計をさらに詰めてくれそうな感じがしています。

海外のレースにも向きそうな走りに期待は膨らむばかりですが、注目してみたいと思いますし日本の競馬のさらなる発展は、これからもうワンランク上にステップアップする必要があるようです。

Type-C端子のある4K(HDR)モニター!(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 Type-C搭載HDR対応4Kモニターを探してみると意外と少ない事が分かってビックリですが、27インチサイズのモニターや31.5インチサイズのモニターがありますが、使ってみると明らかに31.5インチの方がやはり余裕があるように感じられます。

Type-Cに拘らなくても変換ケーブルで対応することも考えられるのですが、今のところデスク上に設置するとなると次の2機種がお勧めです。

 

◎PHILIPS 328P6VUBREB/11(61,073円Amazon・59,575円ノジマ)

 

◎BenQ EW3270U(53,103円Amazon)

 

 

このサイズだとやはり違和感がなく写真の編集なども可能なので、Type-Cケーブル1本でノートPCから4K排出が出来るだけにとても便利なのです。

それぞれに特徴がありますので実際に店舗で確認してみて下さい。

ゲームするなら応答速度の速いBenQ、明るさが欲しいならPHILIPSですがこちらは在庫切れになっている店舗が多いです。

「重賞3連敗・Win5連続的中・勝ち逃げ万歳」(一杯の珈琲シリーズ)19-05(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 5日の「朝焼け富士山」はとても素敵でした。(朝7時の富士五湖TVの映像)

 

  

 

朝1時間ぐらい見惚れておりましたが、競馬は重賞3連敗・「Win5」は2日連続的中・「勝ち逃げ」は万歳三唱でとても良いスタートを切れました。

珈琲は2日間で10杯以上は飲みましたので、今日は少し抑えようと思っています。

 

東西の「金杯」は1着だけでハズレ、ついでに「シンザン記念」も1着以外はハズレて、「通常買い」は11戦7勝3連単5鞍でプラスしているのに重賞が全滅という珍しいスタートとなりましたが、「Win5」は120万以上のプラスとなって「勝ち逃げ」は400万超えでした。

 

 今年は蓄電装置の追加やエコをさらに進めてみようと、みんなで話し合ったりしていますが、車もEV車にしてといろいろと考えていますので、贅沢しないで競馬を少し頑張ろうと思っています。

素晴らしい環境を作ってくれた「ナカ」さんや「シゲ」さんにも感謝しながら、一つ一つ進めて行きたいと考えています。

今年は寒くなるのが遅く急な寒さで風邪をひいてしまい、チョット体調が優れないのですが、エコ運動もしっかりとやって行こうと考えています。

 

競馬の次週は3日間開催となって忙しいですが、「フェアリーS」⇒「日経新春杯」⇒「京成杯」と勝負をしてみたいと思っていますし、「Win5」も2日間ありますので愉しみです。

国家間の問題に波及してくる貿易摩擦!(シゲ)

JUGEMテーマ:お仕事

 スマホの情報収集問題は「ファーウェイ」や「ZTE」の不買運動は大きくうねりとなって、中国経済だけでなく世界経済に与える影響は多大なるものになりそうな感じでチョット心配です。

私もこの問題が起こる以前からSONY・富士通・シャープのスマホを中心に使ってきたのですが、iPhoneだけは御存知の通り中国で製造されてきましたし、今後はアメリカ国内で製造する動きがあるようで、このままではいろいろな会社に影響が出てきそうです。

 

スマホパーツは世界中に製造会社が散らばっており、国内製造に切り替えるといろいろと問題もあるのですが、通信機器である以上機密漏洩の垂れ流しはネット上に氾濫状態なのですから、今更という感じもしない訳です。

他にも中華製品である「LENOVO」のパソコンや「DELL」も中国で製造していますので、これらも影響を受けることになりそうです。

 

私の会社は貿易が主体なので色々な意味で今後は拡大する商品と、縮小する商品がハッキリとしてくるかもしれない事や、経費の削減も含めて安全な商品を提供しなければならない訳です。

先頃TPP(環太平洋パートナーシップ)は結果的には、メキシコ、日本、シンガポール、ニュージーランド、カナダ、オーストラリア、ベトナムと7か国でスタートした形ですが、今後はブルネイ、チリ、マレーシア、ペルー、フィリピン等も今後は加盟する筈で、アメリカが離脱した現時点では今後の動向が気になるところです。

 

有効な関係を維持することの難しさはどの国も同じ問題を抱えているようですが、品物だけでなく人も自由に行き来できるようになれば、大きな商圏が出来上がることになるので景気の回復はどの国にとってもプラスになると思っています。

大きな問題が起こる前に各企業が努力してくれれば貿易摩擦などと考えるかもしれませんが、実際には国家間での摩擦が要因となっている様に思っています。

 

私達は「LENOVO」の製品もよく使用しているのですが、一部の製品を山形で製品を製造したりして、いろいろと努力をしている会社もありますし、スマホも販売しているのに日本では発売が無かったり、随分と遠慮がちなビジネスを展開している事も気になります。

もう少しみんなが自由に選べ、品質が良くて価格も安く問題の少ない製品を買えるようにして欲しいものです。

仕事でつかえる便利な14インチ以下のノート!(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 「HP」と「LENOVO」のコンバーチブル・ノートPCの比較、すべてにおいて使い易さ抜群なのがこのタイプ、今回はこの2社の製品をスペックも含めてチェックしてみました。

 

 

◎HP「Spectre x360 13-ap0000」(150,984円直販税込み)

液晶:13.3インチ(光沢)1920×1080・タッチパネル・コンバーチブル

ストレージ:SSD256GB

メモリ:8GB/PC4-19200

CPU:Core i5 8265U(Whiskey Lake)1.6GHz/4コア(スコア8262)

インターフェイス:USB3.1 Gen2 Type-Ax1/Type-C、Thunderbolt3兼用x2、microSDスロット

サイズ:幅308x高さ16x奥行217mm・1.32Kg

バッテリー:22.5時間

センサー:加速度センサー、ジャイロセンサー、デジタルコンパス

特徴としてデザインがとても優れている事、最新のCPUが搭載されておりアクティブペンも使えるので最高に便利、Thunderbolt3に対応しているのでさらに愉しいです。

 

 

◎LENOVO「YOGA C930」(155,326円直販税込み)

液晶:13.9インチ(光沢)1920×1080・タッチパネル・コンバーチブル

ストレージ:SSD256GB

メモリ:8GB/PC4-19200

CPU:Core i5 8250U(Kaby Lake Refresh)1.6GHz/4コア(スコア7676)

インターフェイス:USB3.1 Gen2 Type-Ax1/Type-C、Thunderbolt3兼用x2、microSDスロット

サイズ:幅322x高さ14.5x奥行227mm・1.38Kg

バッテリー:17.2時間

センサー:加速度センサー、光センサー

特徴はデザインはHPに劣りますが、スピーカーシステムはサウンドバーになっており、どの環境でも前を向くように工夫されていて便利ですし、もちろんアクティブペンの仕様もできますので最高ですし、Thunderbolt3にも対応です。

 

どんなに便利かは実際に使ってみないと分からないのですが、とても便利でいう事なしです。

今年はこのシリーズでビシビシと仕事をしたいものです。

写真編集でも「Core i7」の上級モデルも用意されているので、サクサクと使えますし音楽関係、デザイン関係、医療関係と1台で何役こなせるのでとても便利です。

ブックシェルフスピーカー選びが今年のスタート!(Sho-R)

JUGEMテーマ:オーディオ

 今年の趣味第1号は「オーディオ小僧」から「カメラ小僧」に変身つつある私ですが、やはりオーディオから完全に離れる訳にもいかないのです。

正月からいろんなことがあり過ぎて落ち込んだりもしますが、人生はすんなりとは進んでくれないものです。

ニアフィールドで使うスピーカーはスタジオでない限りモニタータイプやパワードではなく、できればしっかりとしたアンプに繋いで音楽や映画を愉しみたいものです。

 

あまり大きなものも困りますので小型のブックシェルフがベターなのですが、5万円以下の優れものスピーカーを選んで見ましたので参考にして頂けると幸いです。

私の音の基本はDALIの「ZENSOR3」(44,000円)ですが、机上に置くにはちょっと大きい(幅205x高さ351x奥行293 mm)のでやはりニアフィールドではボヤケが気になりますので、「ZENSOR1」162×274×228mm(34,900円)がギリギリで、「ZENSOR PICO」141x231x195 mm(20,900円)がスッキリします。

 

昨年発売された「OBERIN1」 幅162×高さ274×奥行234mm(45,500円)は、「ZENSOR1」や「ZENSOR3」に比べて高域が綺麗に出ますのでボヤケが少ないですし、低音も良く出ますのこれは素晴らしい事です。

エージングが終わればもっと変化すると思いますので、まだ私のところには無いですが期待して待っている状態です。

 

 

 

また人気のJBLの「STEGE A130」(19,000円)も190x321x245mmと、何とも微妙な大きさなのですが素晴らしいです。

しかも19,000円ですからビックリですよね?ちょっと大きいなと思うなら「STAGE A120」170x285x185mm(15,900円)もあります。

 

 

 

 

他にも安くていいのがFOSTEXの「P804-S」(17,800円)も140x264x172mmも小さいのにまとまりの良いクリアな音で驚きコスパです。

 

 

今年はこの3セットを購入して音楽を楽しみたいと思いますが、DALIの「OBERIN1」は既に購入済みでエージングを頼んでおきましたので、もう少し待っている事になります。

DALIは「Room365」のエンジニアの中でも特に好まれたスピーカですし、ニアフィールド環境では素晴らしいと思っています。

今年はハイレゾも一段落して落ち着いてきましたので、原点に返って聴き比べてみたいと思っておりますし、機材もAVアンプからアナログアンプまで揃っていますので、愉しみが増えました。

 

徐々に日本のスピーカーも良いものが沢山出てきているのですが、海外のスピーカーに比べるとまだ少し差があるように感じていますし、ニアフィールドで音楽を聴くなら十分だと思います。

でも一時期の酷い状態からは脱出しているようです。期待しています。

もちろん大きな部屋で聴くならそれなりのサイズが必要になりますが、PCオーディオでの利用なら小さくてもクリアなサウンドが良いものです。

本格的なサウンドを求めるならまた違ったスピーカーが必要になりますので、今年は機会を設けてそんなスピーカーも取り上げてみたいと思います。

「年寄りの暴走する競馬!」(一杯の珈琲シリーズ)19-04(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 近年は株・FX・仮想通貨などマネーゲームをする機会がとても増えましたし、研究員やOB会でも結構いろいろと楽しんでいる人もいますが、私の場合マネーゲームはあまり好きじゃないのです。

したがって競馬を特に「勝ち逃げ」をマネーゲームと勘違いしている方も多いと思いますが、決してマネーゲームではなくどこまでも「ギャンブル」(賭け事)ですので、間違えて欲しくないのです。

 

みなさんもお分かりのように起業して会社を作って運営してなんて、未来を見据えていたとしても会社の運営がきちんとされて、将来に繋がっていくとは限りませんし、さらに成功している人となると一握りです。

私達は競馬研究からスタートして、PC事業を行うようになったのですが、競馬とPC事業がベースになって起業して無借金に近い状態で会社を経営してきました。

 

最終的には競馬は楽しみの一部になって、会社が活躍の場になっているのですが、研究室の研究員はまだそこまで行っていないので資金を貯めている状況にあるのです。

OB会の人は私を除いてほとんどが起業していましたし、それぞれが会社を運営してますが、ほとんどが奥様が中心にやられています。

私も無借金の状態で息子と娘に起業させたが、そのベースはやはりチャンスだと思ったからで、これからどんなビジネスも上手に回っても企業としての寿命は非常に短くなっていて、簡単に成功者にも慣れますが落伍者になる事の方が多くなるのです。

 

小売業の原点であったデパートが経営不振から統合され、スーパーマーケットも「ダイエー」などが倒産して最近は店舗数が急激に減り始めました。

その後に人気爆発だったコンビニ店舗も数多くのチェーン店が姿を消しましたし、その後急伸したネット販売産業に陰りが見え始めてきたのもつい最近の事です。

 

今後は生き残りを賭けたビジネスモデルはどのように変化していくのか、また人口減がとうとうスタートした日本の労働力はどうなるのかなど、ビジネスの問題は人の問題に大きく左右されそうです。

海外からの労働力導入は避けられそうにない状況ですが、しっかりとした対応をしないと働く環境が最悪になってしまう危険もある訳ですし、新しいビジネスモデルの確立も急務です。

 

 今年も競馬は5日の東西金杯からスタートする訳ですが、中山金杯+京都金杯⇒「シンザン記念」の勝負もちょっと楽しみですし、「Win5」も「勝ち逃げ」もあって運試しのチャンスは幾つもあるのです。

昨年は「中山金杯」馬単的中+「京都金杯」馬単・3連複的中+「フェアリーS」馬単的中⇒「シンザン記念」ハズレで、残念な結果になりましたので、今年も狙ってみたいです。

 

 

 

昨年「中山金杯」は4歳馬「セダブリランテ」が優勝2着も4歳馬、「京都金杯」は6歳馬「ブラックムーン」で2着も6歳馬でした。

辛うじて「中山金杯」は2着まで的中、「京都金杯」はしっかりと3着まで的中させたので2日目の「フェアリーS」が2着までの的中で大物を逃したので、3日目の「シンザン記念」で2着が狂って玉砕したのです。

この時の勝馬「アーモンドアイ」は前走からここでは力上と見てましたので、自信があったのに本当に残念でした。

 

そうなんですどうしても2着も3着も的中させないといけないので、「ギャンブル」なのですが面白さはこちらが何倍もありますし、上がったり下がったりの時間を待つのが嫌なので「マネーゲーム」は嫌いなのです。

今年は自分たちの「ギャンブル場」で大暴れをしたいという気持ちから、特別な思いがあって「ナカ」さんの弔い合戦をしたいと思っています。

此の際、「吾郎」さんも巻き込んでちょっと「年寄りの暴走」をお見せしたいです。