パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ニコンとキャノンの再浮上に期待!(Sho-R)

JUGEMテーマ:カメラ

 カメラについてはスマホの普及に伴ってデジタルカメラの売り上げが低下していたのですが、好調だった一眼レフデジタルカメラも低迷を続けて、唯一残ったのがミラーレス一眼デジタルカメラです。

ただフルサイズミラーレスが全盛となって、ミラーレス以外は状況は厳しくなってきて軽量化と高級化へのシフトが遅れたことで、業績の下方修正をニコンもキャノンも強いられたという事です。

 

私もキャノン派としてカメラを扱うようになったのですが、今年はフルサイズのソニーを購入して更に現在はシグマの「fp」に注目しています。

他にもパナソニックや富士フイルムのカメラにも注目しているのですが、それぞれ魅力的な製品が沢山あって選ぶのが困難なくらい多種多様化されています。

更に重さは非常に大切なファクターで軽量化にシフトが進んでいますが、これまでのカメラでは機材を最低限にしても一日の撮影で身骨疲れてしまう事多くちょっと大変でした。

 

それでも白のきれいなキャノン、柔らかな写真が撮れるニコンの魅力は手放せい魅力がありますし、新しい製品をいつも期待して待っています。

私が最初に買ったのがキャノン、仕事で使ったのがニコンでしたので愛着がありますし、フルサイズに魅力を感じてソニーを購入しましたが、少しづつ自分の写真を撮れるようにはなっています。

しかし、まだ完ぺきではないのです。

 

画素数が上がったことによって必要以上にブレた写真になったりで、マニュアル操作がしっくりこないのですが、キャノン「EOS R」においてもPTP通信とファームウェアアップデートにおいて脆弱性が見つかったり、ニコンのフルサイズ「Z6&Z7」において手振れ補正が十分でない事が一部の製品で見つかったりと、信頼を裏切るようなことが続いたためにソニーの製品やパナソニックの製品に顧客が流れた事も関係しているようです。

またつい最近シグマ「fp」が発売され、そのサイズの小さなことと軽さが話題になっています。

 

私も次回はソニーの「α7R IV ILCE-7RM4」と「fp」が欲しいと思っていますが、次々と新製品が投入されそうですので、じっくり考えてと思っています。

 

 

しかし、やはりニコンとキャノンには期待もしていますし、再浮上して欲しいと心から祈っています。

カメラ | 01:02 | - | - | pookmark
「1杯の珈琲と見る夢・エリザベス女王杯」19-111(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 カルヴァドス入りの珈琲で暖まりながら、富士山を眺めながらの「エリザベス女王杯」観戦は、満足のいく的中でした。

 

  

左から朝7時・正午・午後4時37分ですが、ノンビリと競馬を観戦しながら富士山のライブカメラも観ていました。

珈琲は寒くなったのでカルヴァドスを少しだけ入れた、大好きなブレンドをタップリ4カップ分用意しての観戦となりました。

 

3歳馬と4歳馬のどちらが強いのかが最大の課題となったのですが、今回はきっと4歳有利と見ていましたしスッキリ的中で大満足です。

 

 

絶妙なペースで逃げた「クロコスミア」をインコースから交わした「ラッキーライラック」の強さが目立ったレースとなりましたが、これもインコースが絶対空くと信じて真っすぐに伸びての勝利、流れからして「クロコスミア」にやられると思いました。

しかし、こんな形で復活されるとやっぱり「アーモンドアイ」の強さが、更に確信できますので、この世代の牝馬はレベルが高いという事になります。

 

更に今日は3チームがアプローチは別ですが「コロガシ」を成功させたりと、色々とうれしい事があって本当に幸せです。

今日の勝ち逃げは早々と終わったのですが、昨日は後半まで楽しめましたし、「収穫の秋」「食欲の秋」「馬肥ゆる秋」も十分に堪能させて貰いました。

これで温泉に行けたら言う事なしですね!

「1杯の珈琲と見る来年の夢・これからのG1」19-110(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 これから行われるG1レースは8鞍で8週連続となります。

来年の海外遠征馬もこの時期がドバイと香港、夏競馬に突入する頃には秋の欧州とオセアニア等に遠征が決まりますし、2歳馬はここから来年のクラシック馬が決まっていくので、とても大切な8鞍となります。

 

全てのG1レースを下記の通りです。

◎11月10日京都「エリザベス女王杯」

◎11月17日京都「マイルチャンピオンS」

◎11月24日東京「ジャパンC」

◎12月01日中京「チャンピオンズC」ダート

◎12月08日阪神「阪神ジュベナイルフィリーズ」

◎12月15日阪神「朝日フューチャリティS」

◎12月22日中山「有馬記念」

◎12月28日中山「ホープフルS」

 

私は3冠馬のレースは12歳時の「シンザン」からスタートしていますから、知らないのは「セントライト」だけという事になります。

たまたま馬産地で育った事、テレビが家に取り付けられたのが11歳の時という事も影響しているのか、「シンザン」の3冠達成のニュースは見てました。

まとめてみましたので比較してみて下さい。(時計はダービーとオークス時のものです)

 

★1964年「シンザン」2:28:8

★1983年「ミスターシービー」2:29:5

★1984年「シンボリルドルフ」2:29:3無敗3冠馬 JC⇒2:28:8(重)

☆1986年「メジロラモーヌ」2:29:6

★1994年「ナリタブライアン」2:25:7

☆2003年「スティルインラブ」2:27:5

★2005年「ディープインパクト」2:23:3無敗3冠馬 JC⇒2:25:1

☆2010年「アパパネ」2:29:9(稍重)

★2011年「オルフェーヴル」2:30:5(不良)JC⇒2:23:1

☆2012年「ジェンテルドンナ」2:23:6 JC⇒2:23:1

☆2018年「アーモンドアイ」2:23:8 JC⇒2:20:6

 

こうしてみると「シンザン」から「メジロラモーヌ」の頃までは、競馬がゆっくりと進化していたのですが、1990年代、2000年代、2010年代と大きく進化していることが分かります。

さらに牝馬の強さも目立ってきていますし、これからもレベルは少しづつ上がっていくとは思っていますが、ジャパンCを比較してみるとその差は歴然としています。

 

これから更に大きな夢を見るためには「アーモンドアイ」を超える馬の出現が必要なのですが、この馬ならアスコット競馬場の2000mでも勝てると思っています。

次走は「香港C」という事ですが、そちらも楽しみです。

更に2歳戦は能力の高さを確認できていますし、新種牡馬たちの産駒が活躍していますので、新旧交代が進んできていることが分かります。

そろそろ買い易くなったX570チップセットマザー(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 ゲーミングPCのマザーが「Intel Z390」チップセットから徐々にですが、「AMD X570」チップセットに移動が始まって3か月でやっと15%〜20%の価格ダウンがあって、買い易くなりました。

やっぱりPCIe4.0対応が大きい事と、AMDのCPUが安くて優れていることが理由ですし、第3世代になって色々な改良がされてCPUとして安定している事などが売れる要因に繋がったと思います。

 

PC工房「Room365」でもチップセット毎でチェックすると、AMDが60%、Intelが40%と完全に逆転状況が続いていますし、ゲーミングに関してはその差が大きくなっています。

 

売れ筋ランキングベスト5(10月〜11月5日まで)

◎ASUS「ROG STRIX X570-F GAMING」(29,100円前後)

◎MSI「MPG X570 GAMING PLUS」(18,100円前後)

◎ASUS「TUF GAMING X570-PLUS」(22,900円前後)

◎ASRock「X570 Taichi」(33,600円前後)

◎ASUS「ROG STRIX X570-E GAMING」(36,300円前後)

 

ASUSの製品が3枚もありますが、量的にはASUS>MSI>ASRockの3社が並んでいるといった感じです。

価格帯は2万円台〜3万円台が中心ですが、ASRock「X570 AQUA」は11万円台なのに注文が多くなっており、見せるマザーとして人気があります。

 

次に今年のベスト5の動画をアップしておきます。

 

 

 

上の動画を比較してみて下さい。

色々な部分で違いが分かると思いますがこうして比較してみると、今年のマザーの傾向が良く分かると思いますし、とても参考になります。

英語ですので分かりにくい部分もありますが、各メーカーのホームで詳細を確認してみて下さい。

「第44回エリザベス女王杯」(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 みなさんお久しぶりですが、やっと仕事と競馬から解放されて日本に帰ってきました。

「アーモンドアイ」の「天皇賞・秋」楽勝は出張先のヨーロッパでビデオ観戦でしたが、「凱旋門賞」のショックから立ち直れないでいたので、2週連続の「オーストラリア」G1での日本馬の活躍に救われました。

 

今年の「凱旋門賞」は前日までの雨で最悪の重馬場でしたので、やはりパワー型の馬達が有利でしたし、「エネイブル」の3連覇達成は2着となってしまいそれもショックでした。

さて今週は「エリザベス女王杯」ですが、4歳勢有利のデータからは「スカーレットカラー」と「ラッキーライラック」の2頭が有利ですが、今年に限っては3歳の「クロノジェニシス」と「ラヴズオンリーユー」が強いかもしれないですね?

 

G2とG1で勝った経験があればいいのですが、休み明けの馬もいて取り捨ての難しい難解なレースになりそうです。

昨年度の優勝馬「リスグラシュー」は、その後のG1レース4鞍を含む重賞5鞍で2勝2着2回3着1回と大活躍しましたし、100%馬券に絡んだことは素晴らしいと思います。

今年も素晴らしい活躍馬の誕生を願っています。

 

 丁度6週間も日本を離れていたので、仕事も競馬も順調で本当にストレスから解放された今年の秋ですが、その間に2つの台風で大きな被害がでて、日本の家族が心配で大変な思いをしました。

カミさんはパリ生まれの日本人なので、家族は祖父母も両親も兄弟もみんなフランスに住んでいますから、不安で大変だったようで、今後の長期出張時は一緒に行くつもりでないといけないと思いました。

 

欧州も全体的に経済が後退しており、状況は悪くなっているのですが、競馬も「イギリス」・「アイルランド」・「フランス」・「ドイツ」は結構盛んに行われているのですが、今回は仕事で「ベルギー」や「オランダ」や「デンマーク」も行きましたし、「スペイン」にも行きました。

仕事ですから競馬は見る機会もなかったのですが、競馬場はいくつかありましたので、いつか周ってみたいと思っています。

 

今年印象に残っている海外の2鞍です。

 

 

 

今年の英第240回と日本の第86回「ダービー」で、どちらも素晴らしいレースでしたが、やはり「ダービー」というだけに緊張します。

ミドルレンジのスマホ「Reno A」と「P30 Lite」(Kei)

JUGEMテーマ:スマートフォン&タブレット

 スマートフォンも最近はミドルクラスの良品が多く、とても環境が良くなっています。

現在このクラスのSIMフリーでは「OPPO Reno A」(39,400円前後)と、「HUAWEI P30 Lite」(27,200円前後)がダントツ人気ですから、ちょっとだけ取り上げてみました。

 

◎「OPPO Reno A」⇒おサイフケータイ・6.4インチ・RAM6GB・ストレージ64GB/128GB・169.5g・Snapdragon710・Adreno616・バッテリー3600mAh・カラーBlack、Blue2色・メインカメラ16+2MP・サブカメラ25MP

 

 

◎「HUAWEI P30 Lite」⇒6.15インチ・RAM4GB・ストレージ64GB・159g・Kirin 710・Mali-G51 MP4・バッテリー3340mAh・カラー3色・メインカメラ24+8+2MP・サブカメラ24MP

 

 

「HUAWEI P30 Lite」はカメラが48MPを搭載したタイプも実際には発売されてるのですが、日本版は24MPのみだという事です。

最近はミドルクラスでも40MP〜62MPのカメラを搭載した製品が、「Xiaomi」や「UMIDIJI」や「OnePlus」などから発売され増えてきましたし、みなさんにも色々試して欲しいです。

 

ただ技適マークの問題もありますので、国内では使えないものもありますし、日本版のスマホを選んでください。

「Pランクの勝ち逃げの秘密・メルボルンC!」19-109(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 競馬社会も徐々に縮小し以前より生産馬も少しづつ減ってきていますが、それだけ規模の小さな生産農家にとっては厳しい世界なのかもしれないです。

しかし、私達の1番下の息子が生まれた1992年は12,900頭くらいあったのですが、現在では7,500前後に減っていますから、徐々に出走頭数の少ないレースも多くなっているのです。

 

もちろん、対策も取っており5頭立ての場合はカットする配当の組み合わせは、3連複は20%下げる(15倍×0.8=12倍)、3連単は30%下げる(90倍×0.7=63倍)に設定し、今年から導入しておりますし、6頭立てや7頭立ても設定を設けるのかどうかを検討しています。

みなさんがどんなシステムで競馬をやられても、儲けようと思ったら逆の結果になる事の方が多いのは、ギャンブルだからです。

 

ギャンブルという厳しい環境がみなさんの冷静さを奪い去り、迷路の中に誘うのですからマインドコントロールの大切さが必要なのです。

しかし、この精神的メカニズムは簡単に克服できるほど人間は強くないのが普通ですから、マインドコントロールは自然崩壊してしまいますし、自分を見失ってしまうのが当たり前になります。

 

ところが「Pランク」で競馬をやる事を覚えると精神的には楽になるのですが、自分で考えに考えて勝負する時と違って満足感が得られないという不幸が始まるのです。

これらは私達も常に同じように「儲けられた」という喜びよりも、自分で考え抜いて的中したのではないので何かしらの喪失感があって不満が残るのです。

私達は最終的に「この方法以外に安定して勝つ方法はない!」にたどり着くのですが、そこ迄、到達するのに結構時間が掛かります。

 

1年、2年とやってみて、3年目にその方法が間違いでない事に気が付くのですが、人間は精神的に弱く難しい生き物だと思い知らされます。

これでやっと続けるしか方法がないと考えるようになります。

こうして「Pランク」も少しづつ成長を続けており、精神的な影響も徐々に改良されてきていますので、まだまだ期待してください。

 

 さて最後は昨日行われた豪G1「メルボルンC」芝3200mのお知らせです。

 

10月19日に豪G1「コーフィールドC」を勝って、昨日「メルボルンC」に果敢に挑戦した「メールドグラース」は残念ながら6着に敗れ、勝ったのは「ヴァウアンドディクレア」でしたが2着に入った「マスターオブリアリティ」が4着に降着になったりで、ちょっと荒れ模様だったようです。

残念ながら馬場状態も重となって残念な結果ですが、また挑戦して欲しいですね!

5Gサービス正式開始の中国素晴らしいスタート!(Sho-R)

 10月31日に5Gサービスが正式開始された中国ですが、予約だけでも1000万人突破と素晴らしいスタートを切ったようです。

今回は5G対応スマホについて書きましたが、スタート時の発表では9機種のスマホが提供されたようです。

OPPO・OnePlus・Nubia・Lenovoなどの機種がまだないのですが、徐々に増えてくるものと思っております。

 

◎Huawei「Mate 20X 5G」(95,000円前後)

 

◎Huawei「Mate 30 5G」(72,000円前後)

◎Samsung「Galaxy Note10+ 5G」(123,000円前後)

◎Samsung「Galaxy A90 5G」(69,000円前後)

◎Vivo「NEX 3 5G」(87,000円前後)

 

◎Vivo「iQOO Pro 5G」(57,000円前後)

◎ZTE「Axon 10 Pro 5G」(77,000円前後)

◎Xiaomi「Mi 9 Pro 5G」(58,000円前後)

 

◎China Mobile「自社製品X1」(77,000円前後)

 

全体的に価格はミドルハイクラス以上とちょっと高く推移、実機がまだ手元にないためにテストもできないのですが、紹介できる製品からいくつかお知らせしておきます。

iOSの「iPhone 11 Pro」に比べるとAndroid OSは立ちあがり等の遅さは気になるところですが、5G対応で今後はスマホの形状が大きく変化することも考えられますので、とても楽しみです。

日本も本格的にサービスが開始されると、色々な場面で便利になると思うので期待したいです。

「勝ち逃げの秘密とJBCもブリーダーズカップ!」19-108(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 さて今日は「勝ち逃げ」のおさらいです。

土曜日は急遽スタートを取りやめましたが、どうしてそれが分かるのかを説明して参ります。

実際には関東がスタートできなかったので、関西もスタートしませんでしたが、日曜日の組み合わせが有利ならそちらの方が安全だからなのです。

 

東京1日11日)

レース・ランク1位・3位・4位・5位・6位・占有率・ランク順・馬番着順・馬連・馬単・3連複・3連単(読み方)

01R06・02・04・01・10・05A2-1-5/2-6-10/210/480/810/2,690

02R05・08・04・09・01・06B1-2-4/5-8-9/490/650/730/2,220

03R03・09・01・14・06・12B1-5-0/3-6-0/3,060/4,160/------/------

04R06・11・04・05・07・03B1-2-5/6-11-7/660/870/1,300〇/3,960

05R06・03・15・13・11・04B2-1-3/3-6-15/290/650/840/3,180

06R12・09・03・11・01・13A1-3-2/12-3-9/590/690/940/2,190

07R10・03・14・05・16・02D1-0-3

08R08・09・03・07・01・06D6-3-0/6-3-0/1,710/3,320/------/------

09R06・05・04・07・02・01B3-4-1/4-7-6/1,440/2,570/660/5,530〇

10R04・02・07・03・05・01B2-4-1/2-3-4/1,110/1,770/630/4,590

11R04・02・08・05・03・10B1-3-4/4-8-5/560/860/990/3,660

12R03・08・05・02・04・06B3-2-1/5-8-3/1,770/4,120/820/8,470

 

最初に赤字部分に注目してみて欲しいですが、これはレースの占有率(レース支配率)をアルファベットで表したものです。

実際に占有率(アルファベット)は順にA=軸堅い・B=比較的堅い・C=穴馬あり・D=難しい・E=とても難しい・F=ものすごく難しいとしてあり、この土曜日はAとBが10レースもあってしかも少頭数のレースが多いので、荒れるレースが2鞍だけと判断して取り止めたのです。

 

できればA/B/C/Dが上手に組み込まれていれば少頭数のレースが多くても、「勝ち逃げ」は成立が楽になるものなので、必ずスタートをします。

同じ条件の京都と比較してみて下さい。

Aが4鞍・Bが2鞍・Cが3鞍・Dが2鞍・Eが1鞍と全12鞍に散らばってあることが分かると思いますが、これなら2位軸系は第2レースで終了、1位軸系は第5レース終了することがチェックできます。

 

京都1日(112日

01R05・03・07・16・02・13D2-0-1

02R12・08・09・06・11・05B2-6-4/8-5-6/2,100/3,940/4,110/24,490

03R10・12・03・09・08・05C0-4-1

04R10・08・12・05・03・02A1-2-0/10-8-0/370/500/--------/--------

05R05・03・06・10・04・11D1-4-6/5-10-11/1,960/3,500/5,880/26,980

06R10・06・12・14・04・15A3-2-1/12-6-10/5,160/12,250/1,710〇/30,590〇

07R04・02・08・06・01・07A4-1-3/6-4-8/850/3,500/920/13,350

08R09・04・10・05・01・11C2-5-0/4-1-0/3,490/5,550/------/-------

09R02・07・03・10・04・01C3-1-0/3-2-0/1,210/2,740/-------/-------

10R14・08・05・06・09・11A3-0-0/5-0-0

11R12・14・05・03・07・15E0-1-2/0-12-14

12R04・02・11・12・05・08B1-0-0

 

ただ、こればかりではなく実はもっと大きな真実が「Pランク」には隠されているのです。

もちろん「勝ち逃げ」ですが1位から5位までの比較的堅い部分で勝負をすることです。

軸は1位軸で良い訳ですが、3連複最高6点は9倍未満をカット、3連単最高36点は40倍未満をカット、〇のついた部分で的中しますので計算してみて下さい。

私達にはこんなに強い味方があって良かったと思ってくれたら最高ですが、「Pランク」にはまだまだ隠された秘密があります。

 

「Pランク」で買える「勝ち逃げ」実に100種類近くあるのですが、現在やっている「ココモ式」の6頭立てシステムと5頭立てシステムはいずれもプラスの額は意外と違わないものです。

別に隠していた訳ではなく、オッズの高い配当を狙った方が楽しいと思っただけなのですから、みなさんも頭の中に入れておいて下さい。

 

 今日はお休みですのでちょっと研究室に顔を出したら、なんとみんなが居て「JBC」(ジャパン・ブリーダーズカップ)を楽しんでいましたので、早速、私もお仲間に入れて貰いました。

 

◎08R「JBCレディスクラシック」⇒1着「ヤマニンアンプリメ」・2着「ゴールドクイーン」・3着「ファッショニスタ」

馬複1,010円・馬単2,280円・3連複570円・3連単5,080円(上位中央勢独占)

 

◎09R「JBCスプリント」⇒1着「ブルドッグボス」・2着「コパノキッキング」・3着「トロヴァオ」

馬複3,730円・馬単18,690円・3連複146,920円・3連単1,497,730円(中央は2着馬だけで大荒れ)

 

◎10R「JBCクラシック」⇒1着「チュウワウィザード」・2着「オメガパフューム」・3着「センチュリオン」

馬複210円・馬単360円・3連複1,180円・3連単3,010円(3着が地方馬)

 

最終的には2鞍的中でなんとかプラスにはなりましたが、今年は波乱があって地元馬が勝ったりで結構盛り上がっていました。

私達もそのあと盛り上がりましたが、地方競馬も楽しいものです。

ゲームと写真編集にピッタリのモニター(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 フィリップスから発売された31.5インチ4Kモニター「326M6VJRMB/11」(64,200円前後)が、なかなかいいので取り上げました。

 

  

MVAパネルという事ですが、DisplayHDR 600に対応プラス映像の遅延を抑制する「Low input Lag」でゲームも写真編集にも使えるほど、高精細で明暗差がくっきりの素晴らしい高画質なのです。

ゲーミングモニターと謳っていないのに注文が増えているので、テストをしてみましたが、、映像の入力フレームとディスプレイのリフレッシュレートのズレによって生じるティアリングやスタッタリングを抑制する「AdaptiveSync」といったゲーム支援機能も搭載して、素晴らしいモニターである事を確認しました。

 

ゲームをスムースに行うにはPC側にもそれなりのスペックを要求されますが、動画編集や写真編集にも使えるほど高画質ですのでお勧めのモニターです。