パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
新マザーボードはいよいよWi-Fi 6搭載で発売です!(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 もう私達のネット環境もWi-Fi 6対応の準備が必要になりますが、6月発売予定の「ASRoc」のIntel Z390チップセットマザー「Z390 Phantom Gaming X」(予価44,800円)は対応マザー第1号です。

 

またこれに先立って「Z390 Phantom Gaming 7」(5月下旬)も発売予定ですが、どちらもDr.NOSを採用しプレミアム60Aパワーチョークとの組み合わせで、とても安定したプレイができます。

更に耐久性もアップしてオーバークロックも楽々です。

 

Wi-FiもLANも使えると何かと便利ですし、Bluetoothも搭載のマザーは本当に使い易く助かります。

ASUSのマザーと同じようにバックパネルがしっかりと固定されているので助かりますし、USB3.2もいいです。

これからの基本的な部分をすべて詰め込んでいますので、とても魅力ですし2年保証も最高です。

今一度、勉強しなおそうよ「勝ち逃げ」をパート19-48(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今回でこのテーマは最後なのですが、私の場合は仕事をしながらでしたから一日4時間から6時間はデータと睨めっこして、勉強を続け376万を用意して376,000円を1口にして購入を始めコツコツと貯金をしたのです。

それでも枠連ですからせいぜい年4倍になると良い方でしたし、「ココモ式」だけでなく倍張りの「中本式」(1口240,000円)の購入もしていたので、月に20万から30万プラスするのがやっとでしたが、メインレースで勝負して失敗したりで6年半も費やしてしまったのです。

 

今は3連複と3連単ですから3年もあれば、4年目からはフルの金額(376万)で勝負できるようになる筈です。

私達の時代の研究員と違って最近の若い研究員は、「勝ち逃げ」を最初からベースにしている人が残って、それ以外の勝負形態をとった人は研究室を去っているように、私達の頃は60人にいて1人が残るというような感じでしたので、より今の若い人達が優秀だと思っていますしコツコツと努力をしているようです。

 

しかも考え方がグローバルなので英語はペラペラ、アメリカでもイギリスでも一人旅ができるくらいですから立派なものです。

ただただコツコツと積み重ねるという事の難しさは克服できることが必須ですから、挫折してしまう方が多いのも「勝ち逃げ」なのです。

悪いことに「ギャンブル感」も全くないのですから、高揚感が得られないという致命的な部分が大きく、続けられない理由となっています。

これが理解できていれば「勝ち逃げ」は比較的安全な購入法となり、生活のベースが構築できます。

 

今の3連複は376,000円から始められますので、最低8口分を用意して東西で勝負していきます。

1年で16口分になって、2年には32口分になり、3年目で64口分(2,331万)に膨らむのですから、それから3連単をスタートさせれば十分に海外の競馬を愉しめるようなりますし、現地にも応援に行けるようにもなります。

私達は5年目標で進んでいますので「凱旋門賞」へ毎年応援に行けることが目標だったのですが、今では普段の生活の糧が「勝ち逃げ」によってもたらされているのです。

 

したがって前半戦は殆ど1位軸で勝負していますが、安全性を考えて比較的に安定している1位軸で勝負して、夏競馬と後半戦は前半戦で稼いだ分で冒険をしたり大事を取ったり、その年の傾向に合わせてBOX買いや2位軸で勝負しています。

今年の夏から降級制度が廃止されましたので、どのくらい影響があるのか見極めたい事も大切ですが、3歳馬と古馬は6月以降一緒のクラスでレースをしますので、こんな風に分けているのです。

 

馬に恋したためにこんなことになったのですが、49年も一つの事ができたのですからとても幸せだと思いますし、あと少し競馬を愉しめたらと願っています。

私が生きてきた時代は高度経済成長期の期間でしたので、仕事も遊びもガムシャラにやってきたと思いますし、とてもストレスの多い世代だったと今は反省することが一杯あります。

「勝ち逃げ」はコツが分かればそんなに難しくはないのですが、それを捉えるまで3年は勉強して欲しいと思いますし、「Pランク」をこれからも参考にしていただけると幸いです。

「夏に飲む珈琲とお酒の特集」19-47(Kei)

JUGEMテーマ:お酒

 「勝ち逃げ」の事ばかりでは疲れちゃいますので、一息入れます。

「夏に飲む珈琲とお酒について」書いてみましたが、珈琲に関してはホットで飲む人も多いですし、夏はやっぱりアイスコーヒーという方も多いと思います。

ホット珈琲はどちらかというと酸味のきいた爽やかな珈琲が好まれる傾向があるようですが、私も同じように浅煎りの珈琲をホットでと飲むことが多いです。

アイスはしっかりとしたコクと苦味がある方が好きですが、大切なのはやはり香りですので、飲む直前に淹れた珈琲を急激に冷やして香りを愉しみながら飲むのが一番美味しいです。

 

濃い目に入れた珈琲をグラスに山盛りに入れた氷で一気に冷やすことで、香りと珈琲の新鮮さを残すことが大切でミルクを入れても、決して珈琲の香りが無くならないのが美味しいアイス珈琲です。

したがって夏の珈琲は、爽やかな酸味のある「浅煎りの珈琲豆」としっかりした「深煎りの珈琲豆」の、最低でも2種類は用意するようにしていますが、冬より夏の方が種類が多くなるようです。

 

 続いて夏に飲むお酒というと、最近はハイボールやサワーが多くなるのは爽やかさを求めるからだと思うのですが、私の場合はやはり日本酒が一番多くなって、二番目がハイボール、三番目がスパークリングワインです。

冬でも燗酒を飲むことは少なく常温か冷やでという感じですが、夏は徳利もお猪口も冷凍室でギンギンに冷やして、冷蔵庫で冷やしたお酒を飲んでいます。

それに最近はワイン樽貯蔵の日本酒もあって、こちらも爽やかな酸味が特徴でとても夏向きの日本酒です。

 

左から「陸奥八仙」(青森県・八戸酒造)・「水鳥記・特別純米・蔵の華・夏酒」(宮城県・角星)・「Azumaichi・甲州ワイン樽貯蔵」(佐賀県・五町田酒造)・「上喜元・純米吟醸Napa Valley」(山形県・酒田酒造)です。

いずれも爽やかな酸味が特徴で良く冷やして飲むと食欲もわいてとても美味しいですし、ワイン樽貯蔵の2本は日本酒でもワインでも味わえない新しい日本酒の味だと思って飲んでいますが、これもなかなかのものです。

今一度、勉強しなおそうよ「勝ち逃げ」をパート19-46(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 パート△任郎能蕕忘Gの成績を見て貰いましょう。

 

◎5月11日までの関東土曜日分

3連複+2,341,940円

3連単+4,106,120円

 

◎5月11日までの関西分土曜日分

3連複+10,211,570円

3連単+4,535,950円

総合計+21,195,580円(3連複合計+12,553,510円・3連単合計+8,642,070円)

 

◎5月12日までの関東日曜日分

3連複+2,682,290円

3連単+8,362,560円

 

◎5月12日までの関西日曜日分

3連複+4,688,610円

3連単+7,548,690円

合計+23,282,150円(3連複合計+7,370,900円・3連単合計+15,911,250円)

 

こちらが修正もされた正確な数値で、土日合計でもうすでに4,447万のプラスとなりますが、これは1コース376万の資金で購入した計算になっています。

4コース×376万×2日分×2回分=6,016万の資金が必要になりますので、普通に考えれば不可能と思うでしょうが、確かに土曜日か日曜日のどちらかなら3,008万という事でも無理と考えてしまいます。

 

実は私の時は枠連でしたので「Pランク」は5頭だけ、376,000円で勝負が可能でしたしマイナスの日はほんとに少なくて、376万の準備で全コースができました。

そこから徐々に何年もかけてお金を貯めていったのですから、フルの金額で勝負できるようになるまで6年半が必要でしたが、378万が6年半で4,000万になったのです。

3連複を買い始めた当時は週1回の勝負でしたので、3,760万あれば十分でしたしコツコツと時間をかけてもお金を残すようにして忍耐強く貯金をしたものです。

 

「勝ち逃げ」は我慢することと買い続けることが最も難しい事なので、それが克服できなければいけないので簡単ではありません。

私達の仲間もみんな苦労したのにギャンブルの罠に嵌ってどん底まで落ちてしまったりと、普通では考えられない事が沢山ありました。

我慢することを覚えて、耐え忍んでやっと「勝ち逃げ」が生活のベースになりますが、それを分かった人だけがクリアできるので、一段づつステップアップしてください。

 ⇒続く、パートでは最後の大切な心の問題に触れておきます。

今一度、勉強しなおそうよ「勝ち逃げ」をパート19-45(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 「1杯の珈琲に夢を託して!」は目指すは日本馬の「凱旋門賞」優勝なのですが、そこから始まった研究で行き着いたのは忍耐力と面白くない方法の「勝ち逃げ」でした。

色々な方法をしてもどれも上手くいかなかったのに、これだけは期待を裏切って私達の糧のベースになりました。

「競馬で勝って凱旋門賞へ行こう!」というのがコンセプトだったのですが、研究員のみんなが真剣に取り組んでくれたおかげで、全員がフランスに行ってきましたし、最近は「ケンタッキーダービー」や「イギリスダービー」にまで観戦に出かける研究員もいるくらいです。

 

面白くもない方法ではあるのですが、今一度見直して欲しいと思って取り上げました。

おそらくはみなさんはきっと「勝ち逃げ」は無理と思うと感じていますが、決して無理という事ではなく愉しみの一つになったら幸せですし、ちょっとした副収入にもなり決して無理な購入ではなくゆとりをもって勝負していけば好結果が得られます。

 

 馬連勝逃げの情報提供をスタートさせて丸14年になりますが、ブログ内でさまざまな購入方法を紹介してまいりましたし、研究を始めて49年になります。

1Rからスタートし購入金額表の通りに購入して的中したレースで終了となります。
3連複なら最大購入点数が10点ですので、10分の1の金額(376,000円)でも「勝ち逃げ」は楽しめますから、ぜひ、チャレンジしてみて下さい。

★ココモ式★
購入金額表は下記の通りです。
1R100単位(1単位100円で計算)
2R100単位(累計200)
3R200単位(累計400)
4R300単位(累計700)
5R500単位(累計1,200)
6R800単位(累計2,000)
7R1,300単位(累計3,300)
8R2,100単位(累計5,400)
9R3,400単位(累計8.800)
10R5,500単位(累計14,300)
11R8,900単位(累計23,200)
12R14,400単位(累計37,600)

 

「Pランク」は下記の様に提供されます。

◎レース・Pランク1位軸2位軸3位4位5位6位・難易度・着順・3連複・3連単

◎京都10R10・06・04・03・01・05B5-3-1/13,730/117,280

「アルファベットは軸馬のレース支配率(難易度)をA~Fであらわしており、Fに近いほど難易度が高くなります。」


◎3連複⇒対象レースは1Rから12Rまでです。
1位軸⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点
2位軸⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点
5頭BOX⇒オッズ15倍未満の組合わせカットの最高10点

◎3連単⇒対象レースは1Rから12Rまでです。
1位軸⇒オッズ90倍未満の組合わせカットの最高60点
2位軸⇒オッズ90倍未満の組合わせカットの最高60点
5頭BOX⇒オッズ90倍未満の組合わせカットの最高60点

 

前半戦は安全策を取って対応しますので1位軸での購入が多くなりますが、夏競馬以降は2位軸や5頭BOXでの購入も時々します。

5頭BOXはAタイプはPランク2位を購入対象から外しての5頭、Bタイプは1位を外しての5頭での購入となります。

 

私の場合3,760,000円を10分割して1口376,000円で東西で枠連時代、馬連時代、馬単時代を経て、現在は3連複と3連単を購入しています。

これからパートまで特集を金曜日まで連載しますので、みなさんも勉強してみてください。

AMAZON「Echo Link Amp」はちょっと魅力的!(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 AMAZONがオーディオ機器発売というとちょっとビックリですが、これが結構評判がいいのです。

アンプのついていない「Echo Link」(24,980円)の時は、ただただ音楽環境がまとめられるのでこれは便利と思ったのですが、アンプが付いた「Echo Link Amp」(36,980円)になって更に便利になりました。

 

  

ネット環境でもアナログ関係もここへまとめられるので本当に便利ですし、60W×2とパワーもあるので大型のスピーカーも鳴らしてくれますが、セットアップも簡単なのでとても使い易いです。

私はニアフィールドでの使用なので、小型のブックシェルフと組み合わせてテストしてみましたが、DALI「OBERON1」(1セット45,500円前後)やJBL「STAGE A130」(1セット18,600円前後)との組み合わせがとても良いです。

 

今回は「Room365」のエンジニアの方に協力をいただいてのテストでしたので、完璧ではないと思いますがこれからのオーディオシステムのベースとして大きく伸びる可能性を秘めていると思っています。

更にテストして結果を発表したいと思っています。

世界のクラシックレースに注目◆文)

JUGEMテーマ:競馬

 春のクラシックシーズンを迎え周りは賑やかになってきましたが、日・米・英・仏・愛などのクラシックレースを取り上げています。

 

04月07日「桜花賞」芝1,600m・日本・「グランアレグリア」(1.32.7)

04月14日「皐月賞」芝2,000m・日本・「サートゥルナーリア」(1.58.1)

05月03日「ケンタッキーオークス」D1,800m・米・「セレンゲティエンプレス」(1.50.17)

05月04日「2000ギニー」芝1,600・英・「マグナグレシア」(1.36.84)

05月04日「ケンタッキーダービー」D2,000m・米・「カントリーハウス」(2.03.93)

05月05日「1000ギニー」芝1,600m・英・「ハモサ」(1.36.89)

 

今回は仏の「2000ギニー」(プール・デッセ・デ・プーラン Poule d'Essai des Poulains)と「1000ギニー」(プール・デッセ・デ・プーリッシュ(Poule d'Essai des Pouliches)です。

残念ながら動画が入手できなかったので残念ですが、最近は重要なレースでは無くなっていたので注目度が少ないのですが、フランスの牡馬と牝馬のクラシックレースなのです。

 

05月12日「仏2000ギニー」芝1,600m・仏・「ペルシアンキング」(1.38.98)

05月12日「仏1000ギニー」芝1,600m・仏・「キャッスルレディ」(1.40.91)

 

◎これからの日程

05日18日「プリークネスS」・米

05月19日「優駿牝馬」・日本

05月25日「愛2000ギニー」・愛

05月26日「東京優駿」・日本

05月26日「愛1000ギニー」・愛

05月31日「オークス」・英

06月01日「ダービー」・英

06月02日「仏ダービー」・仏

06月08日「ベルモントS」・米

06月16日「仏オークス」・仏

06月29日「愛ダービー」・愛

07月20日「愛オークス」・愛

 

来週はいよいよ米二冠目の「プリークネスS」と日本の牝馬二冠目の「優駿牝馬」(オークス)、楽しみは暑さと共にやってくる訳ですが、今年は梅雨入りも早そうで嫌な季節がやってきそうです。

4K時代にピッタリのコンパクトゲーミングPC(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 今日はゲーミングPCの紹介でもメモリや電源でお馴染みの「Corsair」の製品で、「Corsair ONE」シリーズです。

ラインナップは「Corsair ONE i160」(479,800円)と「Corsair ONE i140」(399,800円)の2種類ですが、非常にコンパクトにできていますので大きなスペースが無くてもOK、しかもとても静かです。

 

◎「Corsair ONE i160」⇒Core i9-9900K(8コア16スレッド)・メモリDDR4-2666 16GB×2・GPU GeForce RTX 2080Ti・SSD NVMe 480GB・HDD 2TB・電源 SF600

 

 

◎「Corsair ONE i140」⇒Core i7-9700K・メモリDDR4-2666 16GB×2・GPU GeForce RTX 2080・SSD NVMe 480GB・HDD 2TB・電源 SF600

 

 

 

本当に良くできていると思いますしコンパクトでしかもとても静かな仕上がりですし、中もしっかりとした設計になっていてエアフローも考え抜かれた構造です。

私達もこんなゲーミングPCを組み込んできましたが、やはりコンパクトなタワーは魅力ですね。

「富士山と珈琲と競馬で愉しみ満載」19-44(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 日曜朝の6時から7時の「逆さ富士」は本当に美しかったです。

 

朝の珈琲を飲みながらたっぷりと富士山からパワーいただいたこともあって、競馬もとても楽しいことがありました。

なんと一昨日の「Win5」はPランク内で決まりなんと4,433万を超えたそうで、誰かが的中して研究室は大騒ぎになったようです。

 

「Win5」のPランクは下記の通りです。

◎レース・Pランク1位2位3位4位5位6位・難易度・着順・馬連・馬単・3連複・3連単・レース名・条件

◎京都10R10・06・04・03・01・05B5-3-1/6,500/14,030/13,730/117,280「錦S」ハンデ

◎東京10R12・01・04・11・10・08C4-0-1「プリンシパルS」L馬齢

◎新潟11R08・12・03・02・01・09C1-9-2/6,000/11,750/5,570/40,060「赤倉特別」定量

◎京都11R05・01・04・09・10・14A1-0-10「栗東S」Lハンデ

◎東京11R06・09・11・02・04・07D4-9-0/3,700/7,670/-------/-------「ヴィクトリアM」G1定量

(着順の0表示はPランク外の馬が絡んだことを表しています)

 

私自身は「通常買い」・「Win5」・「コロガシ」はあまり興味がないのですが、研究室のみんなはなんでも勝負してしまうようです。

「勝ち逃げ」をしていれば生活はできるのになんでも勝負してしまうのが、若さなのかもしれません。

 

もうこの年になるとあまり欲が無くなるのか、生活して食べていければと思っているので毎週「勝ち逃げ」だけやっていますが、「ダービー」・「凱旋門賞」・「ジャパンC」・「有馬記念」だけはちょっとだけ馬券を買っています。

「勝ち逃げ」は順調そのもの、今年はマイナスが1度だけです。

GIGABYTEのゲーミングノートは240Hz IGZOパネル搭載!(Shun-J)

JUGEMテーマ:競馬

 Intelの第9世代プロセッサとシャープのリフレッシュレート240Hz対応の、IGZOパネルを搭載したゲーミングノートが発売です。

「AERO 15 Classic-XA-7JP2130SP」(309,800円)と「AORUS 15-XA-7JP2132SW」(279,800円)、2機種がリフレッシュレート240Hz対応です。

 

 

 

◎「AERO 15 Classic-XA-7JP2130SP」⇒CPU Core i7-9750H・GPU GeForce RTX 2070 8GB・15.6インチ IGZO フルHD・RAM16GB(8GB×2)・ストレージ512GB M.2 SSD・重量2坩焚次356.4×250×18.9

 

◎「AORUS 15-XA-7JP2132SW」⇒CPU Core i7-9750H・GPU GeForce RTX 2070 8GB・15.6インチ IGZO フルHD・RAM16GB(8GB×2)・ストレージ512GB M.2 SSD+2TB HDD・重量2.4圈361×246×24.4

 

何とも言えないくらいの素晴らしいスペックですが、こんなゲーミングノート1台は欲しいものです。

兄貴はカメラが欲しいそうですが僕は絶対これです。