Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
14インチ以下の持ち歩ける事務用ノートPCの推奨品!(翔)

JUGEMテーマ:競馬

 持ち歩ける14インチ以下の事務用ノートPCとなると、スペックの問題があるので進められる製品は限られてしまうのですが、SSD120GB・メモリ8GB・CPUスコア7,000以上・Wi-Fi IEEE802.11ac対応・重量2Kg以下で決めてみました。

 

  

 

 

★14インチ

●Lenovo ThinkPad E480 20KNCTO1WW(75,600円〜)

●Lenovo Ideapad 330S(85,857円〜)

●Dell Vostro 14 5000(5471) プレミアム(86,378円〜)

 

★13.3インチ

●Dell Inspiron 13 5000 プレミアム(86,003円〜)

●Lenovo ideapad 320S (89,800円〜) 

●マウス m-Book J350SN-M2S1-KK(84,800円〜)USB Type-Cナシ

 

このクラスですと10万円以下だととても限定されてしまうのですが、製品としてはサクサクと使えますのでとても良いです。

パナソニックの「レッツノート」は非常に軽くて使い易いのでお勧めですが、価格が倍以上になってしまいますのでちょっと覚悟が必要です。

またUSB Type-Cも搭載ならとても使い易く、色々と便利ですので選ぶときには注意しておきましょう。

「今年のオークスは?」一杯のコーヒーに夢を託して18-44(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 この季節は世界中でクラシックレースが行われる時期なので、米・英・愛・仏三冠も含め日本でも「桜花賞」、「皐月賞」が終わりましたが、今週末は「オークス」がゲートインです。

 

3連勝で「桜花賞」馬となった「アーモンドアイ」は二冠を目指すことになるのですが、G1「エリザベス女王杯」を勝った母「フサイチパンドラ」と1,200m〜マイルG1で6勝の父「ロードカナロア」と組み合わせ超良血馬、2歳女王に輝いた「桜花賞」2着馬の「ラッキーライラック」は「オルフェーヴル」産駒という事で距離の心配もなしという事で乗り方次第では逆転可能なのです。

 

3番手は「ディープインパクト」産駒の「サトノワルキューレ」で、距離経験2度と前走2000mタイムは優秀でこちらもチャンス十分、ディープ産駒は他にも「カンタービレ」、「マウレア」、「オールフォーラブ」等が上位に食い込んできそうですし、「ルーラーシップ」産駒の「リリーノーブル」と「パイオニアバイオ」も食い込む可能性は大きいです。

上位3頭は力差が少なくどれが勝ってもおかしくないので、当日の状態には注意したいものです。

 

 私の最近の日課は膝の治療に通っている家内と家でドラマを観たり、音楽を聴いたりしながらのんびりしたものですが、階段を上がるのも大変な状態の家内はチョット可哀想です。

2週間に1回は病院でチェックして薬を貰いに行くのですが、病院までが10分ぐらいの距離を20分もかけてユックリと歩くので、暑くなるとちょっと大変です。

昨年の5月ころから始まった首の異常から始まった痛みや痺れは原因不明のまま、両肩痛と両肩甲骨痛になって9月に腫瘍の摘出手術で入院後は徐々に酷くなって、仕事に復帰できなくなって肩や首を庇う為に両膝痛も始まって、起き上がる時は本当に大変そうです。

 

家でノンビリしていれば何ともないのですが、買い物も行けないので最近はネットスーパーを利用しています。

私も腰痛で激しい運動が出来なくなって、丁度二人で一人前です。

一日中PCを組み立てたり、オーディオのチェックをしたりとやることが多いのですが、運動不足になってしまうので出来るだけ散歩には出るようにしてはいます。

 

競馬のデータチェックは月・水・金の3日間で8時間~12時間、土日は競馬ですから、週5日間は競馬に関わっているのですが面倒だと思った事は一度もなく、楽しくてしょうがないです。

朝の富士山と夕方の富士山はライブカメラでしっかりチェックしていますが、珈琲を飲みながら眺めるのも日課となっていて楽しみです。

 

毎年のように「凱旋門賞」観戦に行きたいと思うのですが、この年になると仲間達もスケジュールを合わせるのが難しくなかなか実現できていないので、今年はと思っています。

15インチ〜17インチの事務用ノートPCの推奨品!(翔)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 ビジネス用ノートPCでも持って歩くのはチョット辛い2Kg以上の製品は沢山あるのですが、使っていて疲れないタイプでさらにデスク上で邪魔にならないなどを考えると、やはり次のような事に注意して欲しいものです。

解像度フルHD(1920×1080)・メモリ8GB以上・SSD240GB以上・CPUスコア7,000以上は最低項目として覚えておいて欲しいです。

CPUスコアはエクセルシートやPhotoshop等の扱いでは、極端に使用感に差が出ますので注意が必要ですし、動作がもたついてしまうとストレスの原因にもなります。

 

またSSDも大きなサイズのものを使うよりも、240GB前後のもので保存などは外付けのHDDやフラッシュメモリにするようにすれば、動作が鈍くなるような事はなくなります。

こんな条件で選ぶと下記の様に推奨品は少なくなってしまいます。

 

●Dell 15 5000 プレミアム(71,100円前後〜)5色

●LENOVO ideapad 520 (76,700円前後〜)2色

●Dell Inspiron 15 3000 プレミアム(79,500円前後〜)2色

 

  

 

その他にも沢山のメーカーから発売されていますが、安くて使い易い製品を選びました。

次回は持ち歩けるサクサクノートを取り上げます。

 

東南アジアからの外国人労働者達の苦労は何処まで続くのか!(Kei)

JUGEMテーマ:お仕事

 これまで私の所に持ち込まれる相談案件は、あくまでも入国管理局へ提出する書類の翻訳や必要書類の確認でしたが、時々は戸建ての購入手続きや住宅ローンの借り入れ申請の相談に来られる方が、2年ぐらい前からぽつぽつと増えてきました。

ところが最近は社会保険料のことや税金の相談に来られる方も多く、更には「パワハラ」や「サービス残業」等の相談に来られる方も多いです。

 

カミさんがフィリピン人なので相談に来られる方は、圧倒的にフィリピンの方が多いのですが、みなさん教会でお会いしてというのが多いみたいです。

私が懸念しているのは「社会保険の加入」がないケースや、休日出勤や残業をしてもその手当てが支給されていないケースも多く、パワハラもとても多いという事が分かりました。

 

一番多いのが給料は25万円くらい出すといわれたのに、実際は15万から18万しか貰っていな事への不満、休日出勤も残業も手当てが支払われていないこと等、不満が充満している事なのです。

社会保険・厚生年金・雇用保険・所得税・住民税等は支払い義務があるのに、払わない方向で説明をしている伏もあるので、先日「労働センター」や「労基」にも相談してみたのですが、どこかで見直しが必要だと思っています。

 

最終的には雇用保険の加入が無い場合は失業した時にも失業手当が貰えなかったり、社会保険が無いために病気になっても病院に行けないなど色々な問題を抱えてしまう場合もあるのです。

 

 特に現実的な問題は切実なもので、日本へ来る時に約束した仕事ではない仕事につかされたり、ビザを申請した会社じゃない場所で働くことになったり目に見えない違反行為があるようです。

前述の社会保険については給料前に「貴方は社会保険に入るとぜんぶで3万円近く差し引かれますがどうしますか」と言うような会話で始まり、結局は社会保険にも厚生年金にも入らないように仕向けている様でさえあるのです。

 

私達の「Room365」では外国人のスタッフはおりませんが、みなさんは個人事業主として仕事していますので全員、国民年金と国民健康保険に加入して頑張っています。

最初は普通の会社組織にと思っていたのですが、上下関係が非常に難しいので自然と現在の形に落ち着いたのです。

最終的には忙しい人が暇な人の手を借りて仕事を完了させるという、最もシンプルな協力体制が出来上がったので、何事もスムースに動くようになったのです。

 

全員が同じ立場なのでお互いが話し合ったり協力したりで頑張っていますし、仕事量も均等にみんなで出来るだけこなせる分だけ取ってくるようにしているようです。

パワハラもなく和気藹々と楽しみながら仕事をしています。

会社を大きくするよりも自分の納得できる仕事が出来ればと集まったエンジニア達ですから、とても良い環境で働いています。

 

そんな枠の取り払われた状況においても色々な問題が山のようにありますし、私達にとってもこれからの課題なのですが、会社という組織が今のままでいいとは絶対に思っていないのと、今後は海外からの労働者の受け入れも頭に入れて組織づくりをしていかなければと思っています。

フランス「1000ギニー&2000ギニー」は両騎手の連覇で決着!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 フランス「1000ギニー」はO.ぺリエ騎手騎乗の「テッパル」が勝って、「2000ギニー」はC.デムーロ騎手騎乗の「オルメド」が勝ちました。

 

 

両騎手ともに昨年も同じレースをO.ペリエ騎手は「プレシューズ」で、C.デムーロ騎手は「ブラムト」で勝っているのでどちらも連覇となりました。

 

こんなケースはとても珍しい事なのですが、日本で活躍中のM.デムーロ騎手の弟であるC.デムーロ騎手とO.ペリエ騎手は、日本でもお馴染みの騎手だけに、本当にうれしいです。

さて日本のG1「ヴィクトリアマイル」は直線大変な激戦となって「ジュールポレール」幸騎手が勝ちました。

抽選での出走だっただけに18頭目に残ってのG1勝ち、本当にうれしそうでした。

 

 さて19日は米三冠の二冠目「プリークネスS」が行われますが、「ケンタッキーダービー」の1着と2着がまた激突ですし、英マイルG1「ロッキンジS」もゲートインです。

今は世界中のレースが日本でも観戦できますし、本当に便利になりました。

 

今年の「凱旋門賞」はロンシャン競馬場に戻る訳ですが、「エネイブル」の故障のニュースもあってぜひ出走して欲しいと思っていますが、連覇したら8頭目になるのですが違う競馬場での連覇は確か初となります。

さてこれから英「ダービー」には「2000ギニー」の勝馬である、ディープインパクト産駒の「サクソンウォリアー」が出走予定ですし本当に楽しみです。

「10回目のWin5的中は夢の中」一杯のコーヒーに夢を託して18-43(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 G1「ヴィクトリアマイル」は、今年も重賞未勝利馬のディープインパクト産駒の「ジュールポレール」が勝ちました。

G1馬「サダムパテック」の半妹という事で、まったく無視していた訳でもないのですが、ハナ差の「リスグラシュー」が上がり32秒9でしたから、悔しさ一杯のハズレとなってしまいました。

 

久々に研究室で観戦することになったのですが、「Win5」は4鞍目までの的中者が6人もいただけに、最後でのハナ差負けでため息が充満してました。(笑)

こうして今年10回目の「Win5」的中は夢の中のままです。

雨が降り出したころからちょっとは気になっていたのですが、意外と優秀な時計で直線の攻防は見応えがあったです。

 

それにしてもラッキーな馬で抽選で18番目に滑り込んでの優勝、しかも幸騎手の「出走出来たらこっちのもん」という談話通りの結果ですから、自信があったようですし本当にうれしそうでした。

昨年も「アドマイヤリード」が重賞未勝利で勝ったように、非常に難しいレースなのですね。

 

 来週はいよいよ「オークス」という事になりますが、新種牡馬のオルフェーヴル産駒とロードカナロア産駒の激突がまた見られそうです。

昨日は残念会でを行いましたが、みんなちっともハズレなど気にしてなくて、話題はもう「オークス」のことだけでした。

本当に切り替えが早いです。

 

せめて、綺麗な富士山を観て今日は終わりにしましょう!今朝7時に撮ったものです。

 

  

 

綺麗ですね?そろそろ行きたいです。

「ASRock」不足気味のMini-ITX市場に新マザー投入!(勇気)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 最近人気でAMD「Ryzenシリーズ」を搭載できるMini-ITXサイズのマザーが不足気味、中でも人気の「ASRock」のマザーですが早くも新チップセットマザーが18日から販売されます。

X470チップセットの「Fatal1ty X470 Gaming-ITX/ac」(23,800円前後)とA320チップセットの「A320M-ITX」(12,000円前後)です。

 

 

 

 

 

こんな感じですが、どちらも十分なスペックがありますし、大きな差はWi-Fiがあるタイプと無いタイプといったぐらいですが、やはり「Fatal1ty X470 Gaming-ITX/ac」でゲーミングPCにもチャレンジしてみたいものです。

 

これまで「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」(15,600円前後)と「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」(16,600円前後)を愛用してきただけに、物凄く期待しています。

とても使い易くて場所を取らない小さなゲーミングPCやMusicPCが自作出来ますので、お勧めなのです。

 

満足のいくマザーを見つけ出して組み込んだPCはそれなりに動いてくれますし、最近は綺麗なケースに入れて楽しむのもいいものです。

「Ryzen 5 2400G」は素晴らしいAPU!(駿)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 Coffee-Lackの6コア/6スレッドの「Core i5 8400」(20,200円前後)と4コア/8スレッドの「Ryzen 5 2400G」(18,200円前後)はほぼ同じ価格帯、今回はいろいろなテストをして比較してみましたが、流石にヘビーなゲームは無理でもライトゲームなら十分に対応できるスペックにあります。

 

 

GPU性能では圧倒的な差がありますように「Ryzen 5 2400G」の能力は本当に素晴らしいものです。

面白いのは噂通りメモリは高速なものほど好スコアが出るように、できれば高速なメモリを使用して使う事をお勧めしますが、シングルチャンネルでは性能を引き出すことが出来ないですので、デュアルチャンネルでの使用が必須です。

 

動画の処理も「Core i5 8400」と比較してもそん色ないので、大いに使って欲しいAPUになっておりますし、消費電力も少ないので発熱量も少なく静かで小さな「MusicPC」にもピッタリです。

リビングのTVで映画を観たり、カラオケを楽しんだり、音楽を聴いたりなど非常に広い用途に使えますのでお勧めです。

 

ノートPCですとちょっと興醒めですが、さりげなく置かれたブックシェルフ型スピーカーと同じくらいのサイズのPCは、とてもスタイリッシュですし邪魔にならないのが良いです。

第二世代のRyzenシリーズも発売され、復活したAMDは頼もしい限りの会社に生まれ変わりましたので、今後に期待したいです。

「ヴィクトリアマイルとWin5について」一杯のコーヒーに夢を託して18-42(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 今日は久しぶりの富士山で1時間も見惚れていましたが、のんびりと朝の珈琲を飲みながらは一日の中でとても楽しい大切な時間でもあります。

朝の6時と7時47分の富士山、スッキリと雲が晴れての「逆さ富士」本当に綺麗です。

 

 

 

 今週のG1は昨年の勝馬「アドマイヤリード」、4連勝中の「ミスパンテール」、中山記念で2着の「アエロリット」、秋華賞2着の「リスグラシュー」、高松宮記念2着の「レッツゴードンキ」、オークス馬の「ソウルスターリング」、桜花賞馬の「レーヌミノル」と非常に軸馬が決め辛いメンバーが揃ったように思えます。

 

ポイントはいくつかあるのですが、牡馬とのG2「中山記念」で2着に好走した「アエロリット」は時計的にも馬体の成長にも魅力を感じていますし、「阪神牝馬S」の上位馬も魅力タップリですし、「ソウルスターリング」の巻き返しにも期待したいところです。

展開的には流れが速くなれば「アドマイヤリード」は連覇のチャンス十分ですし、この辺がちょっと難しいです。

当日は馬体に注意したいですね!

 

 さて「Win5」の記事が多くなっていますが、問い合わせが多くなっているので一人一人に返事が出せない状態が続いていましたので、やっとPC事業も暇になってきてみなさんにも返事が届いたとおもいます。

その間はブログ内で記事を幾つかかいて貰いました。

 

1月08日8-6-12-6-3   112,220円

1月14日6-8-18-15-7   303,440円

1月21日2-7-8-2-7          566,080円

1月28日7-9-11-1-14    1,747,840円

2月11日8-5-5-4-6       4,393,240円

2月25日13-6-9-13-5  4,714,650円

3月25日8-6-4-8-9          111,520円

4月22日12-13-16-5-4  8,363,170円

4月29日5-11-1-11-12 3,846,500円

合計 24,158,660円

 

今年はどういう訳か開幕から数多く的中していますが、「Pランク」の6頭を全部組み合わせてもプラスになっているそうで、私もとても驚いています。

私の場合は「Pランク」の上位3頭と下位3頭に分けて、その中から1頭づつ消して4頭に絞るのが普通ですが、力差があって軸が上位に偏っている場合だけ上位3頭に絞り、更に2頭に絞ることがあります。

慣れが必要ですが今までの結果をチェックしていただければ、ハッキリとした傾向が感じられますのでみなさんでチェックしてみて下さい。

 

 続いて海外に目を向けてみましょう。

今週はフランス「ロンシャン競馬場」で13日にG1「1000ギニー」(プル・デッセ・デ・プーリッシュ)とG1「2000ギニー」(プル・デッセ・デ・プーラン)の2鞍、日本でいえば「桜花賞」と「皐月賞」が同じ日に行われます。

一度は新しくなった「ロンシャン競馬場」に行きたいと思っているのですが、最近は血圧が上がったり下がったりで飛行機が心配で困っています。

 

楽しみな競馬が沢山ありますので毎週大変ですが、19日には米三冠レースの第2弾「プリークネスS」や27日には各国でG1レースが6鞍もありますので目が離せません。

普段使いの最も優れたノートPC「GamingNote」(翔)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 ゲーミングノートの最上位クラスになると価格は驚きの金額になってしまいますが、20万円以上になってしまいます。

先日紹介した「ASUS ROG STRIK GL702ZC GL702ZC-R7」(159,800円前後)のCPUスコアは、13,753と非常に高いので今回はそれと比較する意味で調べてみますと、現時点では3モデルが販売されています。

 

●iiyama「LEVEL-15&17FG101-i7-VNRVI-FB」(248,400円〜)スコア15,909が最高

●Dell「ALIENWARE 15&17 プラチナ 」(281,400〜)スコア13,964

●MSI「GT75 8RG-009JP」(489,800円)スコア13,964

iiyamaの製品はCore i7 8700K(Coffee-Lack)、その他の製品はCore i9 8950HK(Coffee-Lack)となっていますが、これなら前述のASUSの製品の安さは格別です。

 

残りは搭載されているGPUが問題になりますので、ゲーミング能力ではGeForce GTX1080がトップ、ASUSに搭載されているGPUは「AMD Radeon RX 580」なのでちょっと足りないです。

比較するとGTX1060とほぼ同じくらいの性能と考えて良いですが、ただ普段使いで高性能というとスコア13,753と15,909では体感できる速度の違いはありませんので、88,600円の価格差程の違いはないのです。

 

  

 

ただしゲーミング性能に拘るならiiyamaの製品はとても魅力的なのです。

このように設置型のノートならデスク上でもそんなに場所を取らないし、とても便利ではあるのですが将来的にはパーツの入れ替えが可能なディストップPCの方が、コスト的には安いのです。

しかしノートなら消費電力が少なくエコである事は違いないのですから、どちらを選ぶのかは微妙なところです。

 

最近は17インチのノートPCも多いので、クリエイター向けノートとしても十分に使えるスペックがありますし、魅力的な製品が沢山ありますが、やはりディスクトップPCのヌルヌル感にはチョットかなわない事もあります。

でも、やっぱりそれぞれに魅力が感じられるので最近は私もゲーミングノートPCで仕事をしています。