パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
自粛解除を期待したのに撮影会もまだ先です。(Sho-R)

JUGEMテーマ:カメラ

 フォトグラファーのみなさん、モデルのみなさん、競馬ファンのみなさんこんにちは!

彼方此方でバラ咲き乱れており、更に競馬はクラシックの頂点「オークス」と「ダービー」を迎えますので、撮影会を開催できるように自粛解除を期待したのですが、東京・神奈川・千葉・埼玉・北海道については25日以降という事です。

 

いずれにせよ「ローズガーデン」や「競馬場」の撮影会は、ちょっと無理かもしれないですが、僕も何とか頑張っていますのでもう少し辛抱しましょう。

早くみなさんにお会いして思いっきり写真を撮りたいと願っていますが、今後は「新しい生活様式」(下記図)の事もありますので、少人数での対応がベターのようですし、「Zoom」や「Google Meet」等を利用した撮影会もできるようにアイデアを出したいと思います。

 

 

この場合もできたら撮影会場を借りても、ガーデン等でもミラーレス一眼カメラや一眼カメラを利用して、本格的な写真をリモートで撮りたいと願っています。

悔しいので、バラを買って撮ってみました。(未編集です。)

 

  

 

何人かのスタッフと幾つかの機材で可能になるかもしれませんので、ちょっと試してみたいと考えています。

またちょっとおしゃれなレストランなどで撮影会ができたら、モデルさんの写真も料理の写真も撮れますので、企画してみたいと思っています。

 

カメラマン4人ぐらいで、モデルさん2人から3人でという10人くらいの少人数での撮影会なら、ランチと撮影とでというのもいいかもしれませんし、来れない人はリモートで撮影が可能にするようにすればいいと思っています。

今後は密にならない工夫も必要ですから、色々とみなさんからの意見も欲しいのですが、これからは生活様式も大きく変化しそうですし、色々とアイデアが必要ですね。

 

新しいカメラも次々に発売されますのでお金も必要ですし、これからは生活基盤を元に戻す努力が先決です。

僕も懸命に頑張っていますので、みなさんも頑張って下さいね、また連絡も下さい宜しくです。

また会えることを楽しみにしています。

カメラ | 04:39 | - | - | pookmark
外付けポータブルSSDで高速に写真をキープ!(Sho-R)

JUGEMテーマ:カメラ

 最近は外付けポータブルSSDに、とても高速なタイプが発売されていますので紹介していきますが、USB3.2 Gen2対応やThunderbolt3に対応したPC(パソコン)が必要ですので注意が必要です。

 

◎USB3.2 Gen2対応機種

 

 

★WD Black P50 Game Drive⇒500GB(22,000円)・1TB(34,000円)・2TB(58,000円)・最大2000MB/s

★Seagate FireCuda Gaming SSD⇒500GB(22,800円)・1TB(34,800円)・2TB(59,800円)・最大2000MB/s

 

◎Thunderbolt3対応機種

  

 

★SAMSUNG X5 MU-PBシリーズ⇒500GB(32,400円)・1TB(55,400円)・2TB(99,800円)・最大2800MB/s

★Panasonic RP-SBDシリーズ⇒512GB(44,500円)・1TB(74,500円)・最大1500MB/s

★WD G-DRIVE mobile Pro SSD⇒500GB(54,400円)・1TB(98,300円)・2TB(154,000円)・最大2800MB/s

 

まだまだ発売されて間もない製品も多いので価格は高めですが、外付けSSDでこの速さなら買いですですし、対応PCがあるなら最高に便利です。

写真や動画も高速に保存できるので便利ですが、PC側が対応していない事が多いのでしっかり確認してください。

最近の新しいノートPCはThunderbolt3に対応しているものが多く、最新マザーボードはUSB3.2 Gen2に対応している製品が多いので確認してみて下さい。

 

コスパ的には内蔵SSDの方が安いのですが、持ち歩ける便利さはとても良いものですし、ノートPCのストレージ拡張にも良いです。

 

カメラ | 06:59 | - | - | pookmark
今年は富士登山も各地のバラ園も閉鎖ですか?(Sho-R)

JUGEMテーマ:カメラ

 15日から優れないお天気が続いていますし、夏の富士登山はとうとうすべての登山道が閉鎖となって登山ができなくなりましたし、平塚市の期待していた「花菜ガーデン」も8月31日まで閉園という事で、真っ盛りのバラの撮影が不可能になりました。

また計画していた熱海の「アカオハーブ&ローズガーデン」は5月20日までお休みですが、21日から開園されるという事ですし、伊豆「河津」の「バガテル公園」は18日から検温してマスク着用で入園可能という事です。

 

バガテル公園⇒写真はホームページからお借りしました。)

 

 

徐々に緊急事態の解除が行われて彼方此方の公園が解放されつつありますので、情報に注意しましょう。

 

続いて競馬ですがいよいよ24日「オークス」、31日「ダービー」と続くのですが、こちらも大注目で「オークス」は無敗3戦3勝の「デアリングタクト」(父エピファネイア)が二冠に挑戦、「ダービー」はやはり無敗4戦4勝の「コントレール」(父ディープインパクト)が二冠を目指します。

 

 

クラシックレースの中でも最大の目標となるのがこの2つのレースですし、こちらも現場で写真撮影がしたいのですが、5月31日まではどうやら無観客開催という事で本当に残念な事です。

写真に興味を持ってから2度だけ東京競馬場に行きましたが、馬券も買わずに夢中で撮りましたが残念ながらいい写真が1枚も無くてショックを受けました。

 

今年はと意気込んでいたのですが競馬場に入れないという事ですので、テレビ観戦という事になりますから、馬券を購入して頑張りたいと思います。

写真撮影の機会が色々と少なくなってしまい本当につらいのですが、もう少しの辛抱ですね。

カメラ | 19:51 | - | - | pookmark
RAW現像の「Lightroom」と「Luminar4」の大きな違い!(Sho-R)

JUGEMテーマ:カメラ

 RAW現像用ソフトというと「Lightroom」が一般的ですが、AI(人工知能)技術搭載のソフト「Luminar4」の魅力も捨てがたいのです。

しかし、RAWファイルはJpegよりも色情報が豊富なので、最高の仕上がりで自分の好みに編集できるのですが、そこには大きな落とし穴があるので注意が必要です。

 

以前にも「Luminar4」の記事を書いたことがありますが、「Lightroom」や「Photoshop」に比べると動作が鈍いので編集にとても時間が掛かるのです。

「Lightroom」でも同じなのですが、どちらも編集する枚数が多くなれば重くなってしまいますし、使用PCのスペックに合わせた使い方が必要です。

 

問題は書き出しの量で多くなればなるほど、時間が掛かるのが「Luminar4」でPCのスペックによっては「Lightroom」5.8倍から7.4倍は時間が必要ですし、時々ソフト本体がフリーズしてしまう事もあります。

僕の場合は編集枚数を制限して「Luminar4」で編集して、書き出しは「Lightroom」にという方法を取っています。

面倒ですが「Luminar4」で編集して書き出しをすると時間が掛かるので、「Lightroom」のプラグインとして利用しています。

 

これだけはPCのスペックをアップしても、グラボ(グラフィックカード)をアップしても、多少の変化はありますが期待できる程ではありません。

もちろん「Luminar4」にできて、「Lightroom」できない事もありますが、徐々にその差は小さくなるものと思っていますが、厄介なのは4Kサイズの10ビットカラーサイズでの編集は、更に色情報が多くなりますので本当に重くなりますし、高速なストレージ環境が必要になります。

 

解像度がどんどんアップする現状では扱うサイズが半端ないのですから、Jpegのままでも綺麗な「FUJIFILM」のカメラ等もありますので、カメラの選び方も考えなくてはならないです。

Raw現像された写真も、スマホで確認するのと大きなモニターで確認するのでは、違って見える場合も多くどの媒体でも同じになる事は少ないです。

ソフトも選ぶのが大変ですが、それぞれのいいとこ取りで自分なりの環境が大切だと思います。

 

 いよいよ経済活動も再開してこれから沢山のイベントが開催されると思いますが、まだまだ「コロナ渦」は猛威を振るっている国も多いので完全に終息するまでは2年も3年も必要ですので、十分な用意してイベントに参加して下さい。

みなさんに会えることを楽しみにしています。

カメラ | 19:17 | - | - | pookmark
憧れのマザーボード達パート2「GIGABYTE」(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 「GIGABYTE」は本来そんなに高価なマザーは販売していなかったのですが、「AORUSシリーズ」から急速に高級な製品を出すようになって驚いています。

今回のZ490チップセットでも「Z490 AORUS XTREME」(96,800円)と「Z490 AORUS XTREME WATERFORCE」(165,000円)と10万円を超える製品まで発売しています。

サイズは「Extended」となっていますが、今回は後者の製品を取り上げます。

 

  

Thunderbolt3も搭載、ESS SABRE 9018K2M DAC搭載、一体型水冷用水枕はCPUだけでなく、VRM、SSD、PCH用も搭載して妥協のない設計となっており、耐久性も抜群のデジタル電源フェーズ設計です。

ちょっと価格は高いですがしっかりとした製品ですので、ゲーミングで最強目指すならとても良いと思います。