パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「DTM」や「家カラオケ」で使うケーブル特集「ギター用」(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 昨日はマイク用のキャノンケーブルについてでしたが、実はキャノンケーブルは楽器をアンプやパワードスピーカーに繋ぐ場合もノイズ対策が取られていますので、とても便利に繋げます。

今日はギター用ですが、ケーブルと呼ぶよりも「ギターシールド」というのが普通です。

 

エレキの場合とエレアコの場合も同じですがストレート型とL字型があってギターの形状に合わせて考えて下さい。

エレキの場合で定番と言うと「CANARE」の製品で安くてフラットな癖のない音が好まれていますし、中級クラスでは抜けの良いサウンドの「BELDEN」が好きですが、「Ex-PRO」のFLシリーズはクリーンなノイズのない音が好きですし、高級品なら「OYAIDE」の製品で最近使っている人が多いですが、丈夫でクリアなサウンドがとても良いです。

高級品でも「Monster Cable」は保証制度が永久保証となっており、低域もしっかりと再生してくれるシールドとなっていますし、「エレアコ用」や「ベース用」も用意されていて選びやすいです。

 

「エレアコ用」ではやはり安くてフラットなサウンドの「CANARE GS-6 SL」(2,100円前後)、輪郭のハッキリしているサウンドの「BELDEN 9395」(3,200円前後)や「BELDEN 8412 SL」(3,000円前後)

 

 

 

私も好きなのは「BELDEN」と「CANARE」ですが、最近は「カスタム オーディオ ジャパン」や「Ex-PRO」の製品も用意していますので、色々と試してみています。

使い易さなら「CANARE」、サウンドなら「BELDEN」と思っていますが、家で練習するなら大きな音が出せませんのでどれでも大丈夫だと思います。

片側がL字型がとても便利ですが、お持ちのギターに合わせて購入してください。