パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「DTM」や「家カラオケ」で使うケーブル特集「マイク用」(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 最近流行りのコンデンサーマイク用のキャノンケーブルは、あまりこだわる必要がないのですが、やはり多少はメーカーによっては音が極端に悪いものもありますので、価格に関係なく選んでみました。

私の場合はオーディオケーブルは「べルデン」2,800円前後(BELDEN8423)・「シルクロード」1,100円前後(LM204-5)・「オーディオテクニカ」2,500円前後(ATL458A/3.0)を使用中ですが、それぞれ感じた感想を書いてみました。

 

   

 

◎BELDEN8423:プラグも評判の良いノイトリックNC3、オス側には金メッキがしてありノイズ対策も万全で、音質は文句なしでパワフルさがなんとも言えないです。

 

◎Silk Road「LM204-5」:安くて丈夫でしかも音質も良いのと、しなやかなケーブルなので普段使いで使っていますが、ノイズ対策もされていて音質もナチュラルでフラットです。

 

◎オーディオテクニカ「ATL458A/3.0」:こちらもSilk Road「LM204-5」と同じで解像度の良いOFC線を使用していますので、音ががとても良いですし、ノイズ対策も十分でお薦め品です。

 

この他にも「MOGAMI 2534」や「キクタニ TMCC-3」や「CANARE」の製品等も優れたケーブルです。

色々と大きな違いはないものの、音質は確かにそれぞれ特徴がありますし、ノイズ対策も大事ですので自分に合ったものを選んでください。