パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ゲーミングノートのCPUスコアについて!(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 ノートPC用のCPUスコアは今年大きく変化していますので、ちょっとだけ取り上げてみました。

みなさんも20万円以上のゲーミングPCを買ったのに、ヌルヌルではなかったという経験がある方もいると思いますが、確かに第8世代のCore i7(8750H)や第9世代のCore i9(8950H)ではCPUスコアは10251〜11495と低めの数字でした。

 

これが第10世代のCore i7(10875H)やCore i9(10980HK)の「Comet Lake」になってスコアは15758〜17228と、ゲームでも写真編集でも明らかにスピードがアップしてスムースになりました。

ところが最近になってAMD Ryzen 7 4800HS搭載のゲーミングノートが発売されて、スコアは19402と更に性能がアップして大注目です。

 

6月7日にMSIの製品を紹介しましたが、今回はASUSのROGシリーズとTUFシリーズを紹介したいと思います。

 

◎ROG Zephyrus G14(169,800円〜219,800円)⇒14インチフルHD120Hz駆動・外部モニター4K対応

 

 

◎TUF Gaming A15(128,000円〜)⇒15インチ144Hz駆動・外部モニター4K対応

 

 

これからもRyzenシリーズのゲーミングノートは性能をアップして、これ以上の製品がでてきますが、せめて1台は持っておきたいスペックで写真編集にもピッタリです。

写真の編集はやっぱりMacでと思っている方にも、価格的に魅力のある製品が数多く存在するようになってきました。

僕はデスクトップPCはWindowsですが、音楽関係はすべてapple製品を利用しています。