パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
コロナで大きく変わった生活パターン!(Sho-R)

JUGEMテーマ:お仕事

 自分の好きな事といえば写真・音楽・映画・ゲーム・時々競馬ですが、コロナ渦ですっかり生活パターンが変わってしまったようで、マスクや手洗いもうがいも面倒でもしなければ安心できないし、人との繋がりも随分と変わってきたと思います。

自粛規制は解除されてもコロナが終息した訳ではないので、イベントの開催も十分に注意が必要ですから、様子を見ながら参加したり、企画をしたいと思っています。

 

仕事面でも大きなギャップが生まれているように、「テレワーク」だから仕事が楽と思う場合もあれば、逆に大変になってしまうケースもあります。

僕の会社ではまだ創業3年ですから、最初から「テレワーク」で仕事を始めましたので、コロナになってから変化したのは殆どないのですが、売り上げが4月から下降線を辿っています。

 

売り上げの下降は輸送システムの崩壊で、コロナ感染拡大による航空機の飛行制限が原因ですから、以前の様に回復すれば売り上げも回復するものと思っていますが、会社がそこまで耐えられるかがポイントです。

主力メンバーは3名だけ、フリーランス5名以内ですから、仕事が少なければフリーランスの給料が自動的に減りますし、主力メンバーの給料を抑えれば何とか持ち応えてくれそうです。

 

仕事は他にもありますので、長期的な対応を考えながら改革をしていければと思っていますが、決して楽観してはいけないと感じてます。

フリーランスの方は殆どが外国に住んでいる方が多いのですが、人材は非常に多種多様化されておりマーケティングからスタートできるので、準備は簡単にできるようになってます。

 

商品だけでなく人材もグローバル化が進んでいる事が良く分かりますが、悪用される事もありますので色々と苦労もあります。

日本では「サテライトオフィース」や「レンタルオフィース」の存在も大切で、家で仕事ができない人のための準備も必要ですが、狭い日本家屋で「テレワーク」のスペースを取れない場合もありますので、徐々に対応しています。

 

普通のアパートで十分だと思うので、ネット環境が付属のワンルームを「サテライトオフィース」に使っていますし、仮眠ができる設備を置いておけば徹夜もできます。

プライバシーの問題もありますのでテレビ会議アプリは避けていましたが、最近は背景が変えられる様になったので導入しました。

それまでは音声だけの会議でした。

 

印刷物やFAXはすべてPCで管理して、印刷機の使用は社長宅で一括管理としていますので、とてもコストが安いです。

父の「競馬研究会」は総勢40名いますが、全員が「テレワーク」のシステムを利用していますので、在籍7年以下の研究員は完全に競馬も仕事も「テレワーク」を利用した生活をしていて、1000万円以内で購入できる千葉・埼玉・神奈川のマンションや平屋の一戸建てで生活してる方が多いです。

 

収入は少なくても物価が安いところでの「テレワーク」なら利点が大きく、空気の美味しい自然の中で自分の趣味を楽しみながら、ゆっくりと焦ることなく生活ができるからではないでしょうか?

写真を撮るのも大好きですので、キャンピングカーも「テレワーク」に向いていると思いますから、コロナが消息して安心して生活できる最高の季節になりますように祈っております。