パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
平和な事がどんなに大切なのか良く分かった!(Kei)

JUGEMテーマ:ニュース

 コロナの猛威で世界中が大きな打撃を受け、経済活動が停止して沢山の人々が職を失ったり亡くなったりと、大混乱の3か月間でしたし、これからも当分の間はこの恐怖からは抜け出すことは無いと思っています。

これまでも私は十勝沖地震、東北大震災などを経験しましたが、平和という事がどんなに大切かという事を痛感しています。

こうしてウイルスだけでも大混乱になるとかも、歴史を調べると結構あるもので「スペイン風邪」や「コレラ」や「ペスト」等も沢山の死亡者を出しています。

 

コロナウイルスは21世紀に入ってすぐに「SARSコロナウイルス」が2002年から2004年にかけて、「MERSコロナウイルス」(2012年〜)、そして今回の「新型コロナウイルス」(2019年〜)と短い期間にすでに3度も変異したように、非常に厄介な感染症なのです。

早く治療薬やワクチンができることを祈るばかりですが、経済活動が停止したことによって空気が綺麗になったり、河川の水質が改善したり、オゾンホールが改善されたりと考えられない事も起こっています。

 

さらにこれまであまり注目されなかった「テレワーク」が普及し、家族のいる自宅で仕事ができるようになった事は、別の意味で新しい仕事のあり方や生活方法が確立される良いチャンスかもしれません。

これまでは企業も消極的だった「テレワーク」は色々な分野で力を発揮しそうです。

 

例えばハンコなども電子証明や指紋認証等に切り替わったり、いろいろな分野でペーパーレスが進んでくれば自然保護にも繋がりますし、環境保護というこれからの人類にとって一番大切な部分も考え直すべき時期だと思います。

人類が経験したこれまでの災害や感染症流行は環境汚染によるものが多いと思います。

地球が守られないと最後には人間が住めなくなってしまうのですから、環境破壊をすぐにでも止めるべきなのです。

 

国も同じように国民があっての国ですから、国民を大切にできない国は存続が難しいものですし、平和な生活ができるようにして欲しいものです。

このコロナウイルス感染の恐怖から抜け出しても、その後の経済活動は大きく変化するものと思っていますが、仕事を失った人たちが直ぐに仕事が見つかるような環境を、国が提供しなければならないし、せっかく入った大学をやめなきゃいけないような社会であってはいけないと思います。

 

 最後は何時もの今日の富士山ですが、今朝7時19分の「逆さ富士」です。

 

 

コロナウイルスの終息願っています!