パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今日はこもり生活で楽しむ珈琲です!(Sho-R)

JUGEMテーマ:Coffee

 珈琲に魅せられた父はどちらかというと濃い目の珈琲が好きで、「カフェオーレ」や「カフェラテ」や「カフェカプチーノ」も家で1杯1杯丁寧にドリップしたり、エスプレッソマシンも2台あって本格的なイタリアン珈琲も家で楽しんでいます。

最近は流行りのスペシャリティ珈琲も自宅で飲めるようになりましたし、良く「スペシャリティ珈琲店」や「ブルーボトルコーヒー」や「スターバック」にもでかけて豆を物色しています。

 

これまでも好みの珈琲が見つかる迄、どのくらいの豆を購入したか分からないのですが、とにかく彼方此方の珈琲店から豆を送ってもらっていました。

僕も珈琲は大好きなのですが、とても美味しい珈琲を飲めることに感謝しています。

 

ドリップは3年前までは「メリタ」でしたが、最近は「ハリオ」のペーパードリッパーが多く、金属ドリッパーもありますがあまり使わないです。

父の珈琲はクリーン派なので、綺麗な琥珀色が理想のようですが、母が砂糖を入れなくても飲みやすい珈琲が好きなので、それぞれに違った珈琲がでてきます。

 

スペシャルティ珈琲も「パナマゲイシャ」や「ハワイコナ」などの高価な珈琲も、時々ありますのでその時はまた違った珈琲の世界があります。

 

  

 

ホット珈琲ですが、珈琲シュガーを入れたシャンパングラスに直接ドリップした珈琲に、フレッシュクリームタップリ浮かせた珈琲はみんな大好きです。

 

   

 

1枚目はアイス珈琲、2枚目以降は「カフェロワイヤル」ですが、やはり1杯1杯ドリップして珈琲によっても飲む人によっても豆の配合が違ってきます。

もちろん珈琲カップも色々です。

ノリタケ・ウェッジウッド・リチャードジノリ・エインズレイなどが用意されていて、飽きることがないです。

 

  

自宅で仕事して、いつも珈琲ショップで飲んでいた珈琲も、お酒を飲むのも、食事もすべて自宅ですから外へでなくても十分に楽しめていますし、最近は僕も珈琲を淹れられるようになりましたが、父のようにはまだ珈琲の味のコントロールはできないです。

もう50年以上もペーパードリップを使っているので、ペーパーへの拘りもあるみたいですが、まだいろいろと勉強を続けています。

 

もちろん、紅茶もお茶も父が作ると美味しさが違いますが、すべて自己流だそうですから驚きです。

珈琲の美味しさは器具によっても味が違いますし、グラインドのメッシュによっても、ローストの強弱によっても違うものですから、楽しみ方も色々とある訳です。

こんな時ですから家の中でも楽しめることが沢山ありますので、色々と工夫しています。