パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
フォトグラファーに大人気「Lightroom」を最適化!(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 今回はノートもデスクトップの場合は演算能力の差が影響するので、CPUのパワーが大切だという事を説明しましたが、枚数が多くなるとなるほど書き出しには時間が必要になって、8コア/16スレッド(Ryzen 7 3700X)でも200枚の書き出しに11分ほどかかります。

10ビットカラー対応の4Kモニターで処理すると色合いがとにかく分かり易いので、さらに綺麗なRaw現像ができる訳ですが、編集には時間が少しかかりますからちょっと嫌がる人もいるかもしれません、しかし出来上がった写真はとてもいいですし、書き出しの時間はそんなに違わないものです。

 

ただ、私も予算の関係でVAパネルの4Kモニターを使用していますが、どうしてもカメラに多くの予算が取られてしまいます。

でも出来たら更に発色の良いIPSパネルの利用を考えていますし、現実にPC工房にはIPSパネルのモニターも設置されていますので、テストは少しづつ行っています。

 

IPSパネルは安く済ませるなら43インチ以上の製品があるのですが、デスク上で使うとなると32インチ前後が許容範囲となります。

したがって価格無視でIPSパネルを選ぶとなると下記の製品ですが、特にこれらの製品はThunderbolt3も使えて美しい表示ができすし、対応ノートPCに繋ぐのも簡単です。

 

 

ASUS ProArt PA32UCX(305,000円前後)⇒32インチ・HDR10・DisplayHDR 1000・HLG・PQ・Dolby Vision・Adaptive-Sync・Thunderbolt3・文句なしのクリエイター向けモニターです。

BenQ PD3220U(145,000円前後)⇒31.5インチ・HDR10・Thunderbolt3・sRGBカバー率100%でクリエイター向けです。

LG 32UL950-W(143,000円前後)⇒31.5インチ・HDR10・DisplayHDR 600・Thunderbolt3・FreeCync・LG独自のNano IPSテクノロジー採用で素晴らしい。

 

それぞれに特色はありますがどれもとても良い発色をしますので、外付けのGPU等にも繋げられますしとても便利です。