パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
X370・X470・X570の比較!(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 昨日X370とX470とX570のチップセット違いについて書きましたが、その補足をしておきます。

 

1:PCIeレーンの違いX370とX470は帯域幅4GB/sのGen2×8、X570は帯域幅16GB/sのGen4×8と大きく進化しております。

2:USB 3.1 Gen2(帯域幅1250MB/s)がメインのX570に対して、X370とX470はUSB 3.1 Gen1(帯域幅625MB/s)です。

3:「StoreMI」(HDDを高速化するソフト)これはIntel Optane MemoryやIntel Smart Response Technology(ISRT)に近いのですが、こちらはSSDをHDDに結合して高速化をするソフトで、X470とX570にバンドルされているのです。

 

実際にはプロ仕様のX570に対して、コンシューマー向けといった感じですが、プロのクリエイターやコアゲーマーでグラフィックボードを何枚も使うのでなければ、必要性がない豪華な仕様になっているのがX570チップセットなのです。

ヘビーユーザーでなければ必要性が無い仕様となっているのですが、やはり「NVMe M.2 SSD」や「USB 3.1 Gen2」の高速化は写真編集が主な私にとってはとても魅力的ですよ。

 

第3世代のRyzenシリーズはシングルコアの稼働率もアップして非常に優秀なプロセッサーになりましたし、ゲーミング性能もアップしましたので、X370やX470チップセットM/BでもBIOSアップで使用可能になります。

ぜひ、みなさんも試してみて下さい。

 

 さて、BIOSアップしたとしてどのCPUとGPUをターゲットにするかというと、ちょっと難しいところですがあくまで第3世代だけを対象とするなら、圧倒的にパフォーマンスが上なので十分に期待できると思います。

CPUスコア20200が「Intel Core i9 9900K」(59,900円前後)、「AMD Ryzen 5 3600」は(24,400円前後)でスコア20000ですからその価格差は倍以上あると思ってください。

 

 

名称 スコア TDP/コア/スレッド 価格
Ryzen 9 3950X 36100 105W/16C/32S 97,500円前後
Ryzen 9 3900X 32300 105W/12C/24S 60,800円前後
Ryzen 7 3800X 25600 105W/8C/16S 47,600円前後
Ryzen 7 3700X 23800 65W/8C/16S  39,800円前後
Ryzen 5 3600X 20500 95W/6C/12S 29,800円前後

 

こんなにワクワクすることはないくらい、順調に動いているAMDのCPUは今までにありませんでしたし、動画編集なら上のクラスでゲーミングなら下のクラスでも十分です。

毎日、組み込んでいても本当に楽しいです。