パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ミドルクラスのゲーミングPCを組み込む! Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 フルHDのモニターで快適なミドルクラスのゲーミングPCとなると、基本的にはパーツ選びが難しくなってしまうのですが、全くチャンスが無い訳ではないのです。

やはりミドルクラスでというなら予算15万円前後でPC本体を用意したい訳ですが、GPUはせめてNVIDIAの「RTX 2060 SUPER」クラス、CPUはAMDの「Ryzen 5 3600 OR 3600X」が最適です。

 

CPU スコア TDP/コア数 価格
Ryzen 5 3600X 20500 95W/6コア/12 31,000円前後
Ryzen 5 3600 20000 65W/6コア/12 26,000円前後
GPU 3D Mark TDP 価格
Radeon RX 5700 23100 180W 39,500円〜
GeForce RTX 2060 S 22600 175W 45,200円〜

 

これにM/B(マザーボード)加えると10万円、メモリ32GB(8GB×2)/PCケース/電源/SSDが5万円前後、合計15万円前後で自作可能となりますが、「Ryzen 5 3600X」と「Radeon RX5700」の組み合わせがトップスコアを出せそうですので、そちらで組み込んで下さい。

M/Bは予算に合わせるなら下記の中から選んでみて下さい。

これらは耐性も十分ですし電源回りもサウンド関係もしっかりとしていますし、問題が少ないですよ!

 

  

 

◎MSI X570 GAMING PLUS(18,700円)

◎ASUS TUF GAMING X570-PLUS(22,000円)

◎ASRock X570 Steel Legend(22,000円)

 

これならフルHDでのゲーミングなら十分に楽しめますし、無理のない環境が構築できます。

最近はすべてのパーツ価格が高目に推移していますので、10万円以下でゲーミングPCは難しくなりました。