パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「フルHDモニターか4Kモニターか?◆廖Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 前回はフルHDのケーミングモニターを取り上げましたが、私も現在はASUSの曲面(湾曲)モニターを使っていますが、本当に投入感が違いますし、これが16:9のモニターから21:9のウルトラワイド(シネマスコープタイプ)だったらどうなるかも試してみました。

工房には沢山のモニターが置かれているのですが、「FPS」(First Person Shooter:1人称視点のシューティングゲーム)をプレイする人にとっては、画面から拾う情報量によって勝敗が決まる事が多いので、曲面で左右にも広くてしかも144Hz駆動に対応しているとゲームを有利に運べるのはこの情報量が多いからです。

 

余り大きいとデスクでのプレイが困ってしまうので、34インチで人気の平面の「IODATA GigaCrysta LCD-GCWQ341XDB」(57,000円前後)と曲面の「LG UltraGear 34GL750-B」(54,000円前後)をプレイしてみました。

 

 

◎「IODATA GigaCrysta LCD-GCWQ341XDB」⇒34インチADS平面パネル・解像度3440×1440・HDR10・DisplayHDR 400・オーバドライブ2ms

 

◎「LG UltraGear 34GL750-B」⇒34インチIPS曲面パネル・解像度2560×1080・HDR10・リフレッシュレート144Hz・FreeSync・Adaptive-Sync・G-Sync Compatible・5ms

 

ゲームに拘るとやはり曲面のLGがスムースですが、どちらも情報量が多いのでプレイしていて楽しいです。

さて色々な問題があるものですが、PCでゲームをプレイすることは本当にいろいろな意味で、PS4やXboxなどのゲーム機でプレイするのとは違った楽しみがあるので、お金は掛かりますが実際に比較するとスッキリクッキリの画像に大満足ですし、プレイしていてストレスが無いのです。

機会があったらデスクや椅子についても触れておきたいと思っていますが、次回は4Kモニターについて書きたいと思っています。