パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ブランドでまとめたゲーミングPC!(Shun-J)

JUGEMテーマ:競馬

 ASUSの製品を使った人気のゲーミングPCはみんなの憧れだったのですが、最近は出来れば同じブランドでまとめた組み合わせが流行っています。

「ASUS」なら「ROG-STRIX X570-F GAMING」(当価格23,000円)マザー+「ROG-STRIX-RX5700XT-O8G-GAMING(当価格45,000円)又はROG-STRIX-RTX2080S-A8G-G(当価格85,000円)」グラボというように、現実的に考えてもAMD CPUにコルセアかG.Skillのメモリーという組み合わせが多くなっています。

これに電源+メモリー+CPU+M.2 SSDで20万以内に収めることは、CPUがRyzen 9 3900X(当価格56,000円)なら可能ですが、Ryzen 9 3950X(当価格97,000円)だとグラボを「ROG-STRIX-RX5700XT-O8G-GAMING」に落とせばギリギリ、セーフといった感じです。

 

「Room365」のパーツの価格が安いのは大量に仕入れるからでもなんでもなく、仕入れ価格に近い価格で組み込むからです。

パーツで儲ける必要がないからなのですが、アジア地区の個人への輸出がメインですから消費税の還付があります。

したがって、それにその他にもOSやOffeceソフトは大量に安く購入しますので、あまり小さなことを気にする必要はないのです。

みなさん日本の販売価格にも詳しいので、あまり気にしないで買ってくれますし、これはカメラでも同じなのです。

 

AMD「X570」チップセットとグラボの組み合わせ

 

◎ASUS⇒ROG STRIX X570-F GAMING+ROG-STRIX-RTX2080S-A8G-GAMING又はROG-STRIX-RX5700XT-O8G-GAMING

 

◎MSI⇒MPG X570 GAMING EDGE WIFI+GeForce RTX 2080 SUPER GAMING TRIO又はRadeon RX 5700 XT EVOKE OC

 

◎ASRock⇒X570 Taichi+Radeon RX 5700 XT Taichi X 8G OC+

 

◎GIGABYTE⇒X570 AORUS PRO+GV-N208SAORUS-8GC又はAORUS GV-R57XTAORUS-8GD

 

 

他にも色々と組み合わせがありますが、自分の好みで組み合わせてみて下さい。

最近はピカピカ光るものが多いのですが、嫌いな方もいますので光らないタイプもありますので探してみて下さい。

安く購入して組み合わせれば自分の好みのゲーミングPCが可能ですし、自作すると何倍も楽しいものですよ!

次回もその他のパーツも含めて取り上げてみたいと思います。