パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
17型ゲーミングノート15万円以内の製品!(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 このクラスのゲーミングノートは家の中で作業するか、車での旅行なら何とか持っていけるかというサイズ17インチ製品です。

画面が大きいだけに通常の作業もとても楽々なのですが、15万円以下の優れものを選んでみました。

 

スペックとしては17.3インチフルHD・メモリー16GB・M.2 SSD 128GB・HDD1TB・ビデオメモリー4GB以上・CPUスコア10,000以上で選んでみました。

 

 

◎ASUS「ROG STRIX GL702ZC GL702ZC-R7R120」(127,800円前後)⇒AMD Ryzen 7 1700・Radeon RX580

◎ASUS「TUF Gaming FX705GM FX705GM-I7G1060」(128,800円前後)⇒Core i7 8750H(Coffee Lake)・GeFoce GTX 1060

◎Acer「Nitro 5 AN517-51-A76QG6」(129,800円前後)⇒Core i7 9750H(Coffee Lake Refresh)・GeFoce GTX 1650

◎Dell「Dell G7 17 プラチナ」(141,882円前後)⇒Core i7 9750H(Coffee Lake Refresh)・GeFoce GTX 1660Ti・Thunderbolt3

◎MSI「GP75-9SD-453JP」(144,800円前後)⇒Core i7 9750H(Coffee Lake Refresh)・GeFoce GTX 1660Ti

 

Dellの製品の様にThunderbolt3が使えると外付けのビデオカードが使えるので便利です。

これらの製品のCPUスコアは12,000〜14,000弱ですので、実際には20200オーバーのCore i9 9900K搭載のノートもありますが、このクラスになると重いゲームでもサクサクと動きます。

しかしクリエイター向けや動画編集などのデスクトップPCではすでに、AMD Ryzen Theadripper 3970Xの48,400強というのがありますし、ゲーミングPCでもAMD Ryzen 9 3950Xは35,700オーバーとなっております。

 

ゲームを快適に動かすためには20,000オーバーのCPUとGeForce RTX 2080クラスのグラボが必要になりますが、ゲーミングノートでも快適にゲームができる製品が多くなってきているのも確かですし、17.3インチですから仕事も本当に楽々です。