パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「Core i9 9900KS」と「Ryzen 9 3950X」(Sho-R) 

JUGEMテーマ:コンピュータ

 「Core i9 9900KS Special Edition BOX」(65,800円前後)が発売されて1週間がたちましたが、「Ryzen 7 3800X BOX」(47,600円前後)と比較しても大きな差がでないので、やはりAMDの安さには敵いそうにないです。

ゲーム毎のチェックでも大きな差がないのですが、その他の部分でも差は小さなものでした。

 

そんなAMDからこの30日に発売されるのが「Ryzen 9 3950X」(参考価格89,800円)には、大いに期待したいものです。

16コア/32スレッドとベースクロック3.5GHz、ブーストクロック最大4.7GHz、キャッシュL2+L3=72MB、TDP105Wという事ですが、どうやら後発の「ThreadRipper 3960X/3970X」よりはゲームでは上のようですが、クリエイター向けでは劣るといった具合の様子です。

 

  

 

ゲームをやるなら絶対に「Ryzen 9 3950X」、写真編集や動画編集やるなら「ThreadRipper 3960X/3970X」と、これからは更にAMDの攻勢が続きそうです。

「Room365」でも今後の展開が見ものですが、最近のゲーミングPCの注文はAMD60%を占めていますし、新しいTRX40チップセットの発売と 「ThreadRipper 3960X/3970X」では最強のクリエイターPCが組み込めそうで、今からワクワクしています。

 

市場は初めてIntelからAMDが主導権を奪ったのですが、これからも良きライバルであって欲しいと願っています。

「Ryzen 9 3950X」が届いたら直ぐに組み込んでテスト開始です。