パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ニコンとキャノンの再浮上に期待!(Sho-R)

JUGEMテーマ:カメラ

 カメラについてはスマホの普及に伴ってデジタルカメラの売り上げが低下していたのですが、好調だった一眼レフデジタルカメラも低迷を続けて、唯一残ったのがミラーレス一眼デジタルカメラです。

ただフルサイズミラーレスが全盛となって、ミラーレス以外は状況は厳しくなってきて軽量化と高級化へのシフトが遅れたことで、業績の下方修正をニコンもキャノンも強いられたという事です。

 

私もキャノン派としてカメラを扱うようになったのですが、今年はフルサイズのソニーを購入して更に現在はシグマの「fp」に注目しています。

他にもパナソニックや富士フイルムのカメラにも注目しているのですが、それぞれ魅力的な製品が沢山あって選ぶのが困難なくらい多種多様化されています。

更に重さは非常に大切なファクターで軽量化にシフトが進んでいますが、これまでのカメラでは機材を最低限にしても一日の撮影で身骨疲れてしまう事多くちょっと大変でした。

 

それでも白のきれいなキャノン、柔らかな写真が撮れるニコンの魅力は手放せい魅力がありますし、新しい製品をいつも期待して待っています。

私が最初に買ったのがキャノン、仕事で使ったのがニコンでしたので愛着がありますし、フルサイズに魅力を感じてソニーを購入しましたが、少しづつ自分の写真を撮れるようにはなっています。

しかし、まだ完ぺきではないのです。

 

画素数が上がったことによって必要以上にブレた写真になったりで、マニュアル操作がしっくりこないのですが、キャノン「EOS R」においてもPTP通信とファームウェアアップデートにおいて脆弱性が見つかったり、ニコンのフルサイズ「Z6&Z7」において手振れ補正が十分でない事が一部の製品で見つかったりと、信頼を裏切るようなことが続いたためにソニーの製品やパナソニックの製品に顧客が流れた事も関係しているようです。

またつい最近シグマ「fp」が発売され、そのサイズの小さなことと軽さが話題になっています。

 

私も次回はソニーの「α7R IV ILCE-7RM4」と「fp」が欲しいと思っていますが、次々と新製品が投入されそうですので、じっくり考えてと思っています。

 

 

しかし、やはりニコンとキャノンには期待もしていますし、再浮上して欲しいと心から祈っています。

カメラ | 01:02 | - | - | pookmark