パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
そろそろ買い易くなったX570チップセットマザー(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 ゲーミングPCのマザーが「Intel Z390」チップセットから徐々にですが、「AMD X570」チップセットに移動が始まって3か月でやっと15%〜20%の価格ダウンがあって、買い易くなりました。

やっぱりPCIe4.0対応が大きい事と、AMDのCPUが安くて優れていることが理由ですし、第3世代になって色々な改良がされてCPUとして安定している事などが売れる要因に繋がったと思います。

 

PC工房「Room365」でもチップセット毎でチェックすると、AMDが60%、Intelが40%と完全に逆転状況が続いていますし、ゲーミングに関してはその差が大きくなっています。

 

売れ筋ランキングベスト5(10月〜11月5日まで)

◎ASUS「ROG STRIX X570-F GAMING」(29,100円前後)

◎MSI「MPG X570 GAMING PLUS」(18,100円前後)

◎ASUS「TUF GAMING X570-PLUS」(22,900円前後)

◎ASRock「X570 Taichi」(33,600円前後)

◎ASUS「ROG STRIX X570-E GAMING」(36,300円前後)

 

ASUSの製品が3枚もありますが、量的にはASUS>MSI>ASRockの3社が並んでいるといった感じです。

価格帯は2万円台〜3万円台が中心ですが、ASRock「X570 AQUA」は11万円台なのに注文が多くなっており、見せるマザーとして人気があります。

 

次に今年のベスト5の動画をアップしておきます。

 

 

 

上の動画を比較してみて下さい。

色々な部分で違いが分かると思いますがこうして比較してみると、今年のマザーの傾向が良く分かると思いますし、とても参考になります。

英語ですので分かりにくい部分もありますが、各メーカーのホームで詳細を確認してみて下さい。