パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「台風の大型化に物申す!」(1杯の珈琲)19-97(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 競馬は秋のクラシック最後の週を迎えますが、先週は大型台風の影響で「秋華賞」も開催が危ぶまれる程でしたし、その後の雨は東日本や北日本に大きな被害をもたらしました。

温暖化によって年々台風だけでなく豪雨だけでも大型化して、毎年のように災害が大きくなっています。

しかし大掛かりな対策が取れず、山奥の農村や田舎の漁師町では過疎化がどんどん進んできているのに、災害によって復旧も遅れる様になって更に過疎化が進んでしまっています。

 

もうきちんとした国の対策が必要で、予算的にインフラの整備もできなくなって、色々と不便な地域が増えてきております。

更に農村も漁村も小さなところから土地を離れる方が多くなって、空き家も増えてきています。

国と自治体が一緒になって問題に対処しなければいけないし、できるだけ生活のしやすいところに移してあげる努力をしなければ、過疎のお年寄りたちは病院にも行けないで死を待つのみになってしまいます。

 

でももっと心配なのは災害をもたらす台風や豪雨の大型化によって、今後起こりうる災害もどんどん大きなモノになって行くのですから、その恐怖からは逃れられない事を覚悟しなければならないのです。

日韓や米中の貿易摩擦はとうとう欧米の貿易摩擦を引き起こしていますが、各地での災害が大型化していますので温暖化対策を緊急に行う必要があります。

勿論このままでは農作物に大きな被害が及んで、更には食糧難という危機が迫って来ることが、各国の現実的な問題になってきます。

 

対策をとっても数十年はその結果が表れるまでに、どれだけの被害が我々に及ぶのかも想定不可能なのですから、温暖化対策を優先して欲しいと思います。

私達はソーラーシステム、蓄電装置、LED照明、省エネ家電でエコ対策を取っていますが、水害のない場所や土砂崩れのない場所を探すのも生き延びる一つルールと考えています。

 

津波や山津波の経験がある私にとっては、水害のない地域や土砂災害のない地域を探すのはその経験から来ています。

不動産を購入する場合も私にとっては大切な基準となっています。

東京にいる時はマンション住まいでしたし、町田市の時もマンションでしたが、今は一軒家ですがどちらもメリットもデメリットもあります。

 

でも安全な場所を探すことは忘れずにやってきたつもりですが、今回の台風では初めて避難しようと考えました。

しかし一度も停電にならなこともあって、終日自宅で家族全員で過ごしました。

自然災害には各々が自己対応が必要ですが、お年寄りにはそれが厳しい状況にあるのです。

更なる対策を取れる社会構造が必要だと考えています。