パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
新Quadroは史上初のレイトレーシングGPU!(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 NVIDIAは8月13日に「Quadro RTX」の発表をしましたが、RTX 4000(140,000円前後〜・8GB写真左)・5000(280,000円前後〜・16GB)・6000(560,000円前後〜・24GB)・8000(780,000円前後〜・48GB・写真右)となって4種類が発売されました。

 

 

ゲームでも使える様に作られていることが発表時に言われていましたが、「NVLink Multi-GPU Interface」により2基のGPUを1基のGPUとして扱うことも可能になっており、その場合は最大で96GBを利用できることになるのでこれはクリエイター以外でも注目されそうです。

 

実は「GeForce RTX 2080TI」と「Quadro RTX 6000」のベンチマークはほぼ同じですし、「Quadro RTX 5000」は「GeForce RTX 2080」より上で「GeForce RTX 2080Super」よりちょっとだけ下という結果がでていますので、十分にゲームにも使えることが証明されています。

 

これはゲーマーもクリエイターも使えるGPUという事でこれから大いに注目されそうです。

価格は違いますがゲーム用とクリエイター用のPCを2台用意するよりはと思ってしまいますし、選択技が増えてうれしいです。