パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
在宅勤務で良くなった事と悪くなった事!◆Sho-R)

JUGEMテーマ:お仕事

 私達は随分と不合理な事も受けてきましたが、ビジネスの上でどんな事があっても驚かない様にはしているのです。

でもやってはいけない事がいくつかあるもので、サービス残業・人種差別・社会保険料等への不加入・産地偽装など限りなく悪い連鎖を起こしている会社がある事には本当に驚かされます。

 

自分たちの場合はフィリピンの人達も、ベトナムの人も、日本人も同じだと考えていますので、給料の計算から社会保険や失業保険などについてもみんな同じにしています。

在宅勤務といっても今日のグローバルな環境では、勤務時間中に電話での連絡やコミュニケーションは時差の関係で非常に難しい国々もあって、企業間で協力し合って対応ができるように努力をしなければなりません。

 

ちょっと難しい問題なのですが、在宅勤務でこそフレキシブルな対応ができる様に夜の時間を上手に使う事、アジアの国々は時間的に問題はないのですがヨーロッパは午後4時からが勝負になります。

そのため19時〜22時くらいにも電話連絡が必要になりますので、実際にはその時間に活動してくれる社員が必要になります。

 

大きな問題もあって、私達が寝ている時間帯が南北アメリカの終業時間なのですが、こちらの問題は次回取り上げたいと思っていますので、みんなの意見を聞いてから書きます。

フリーランサーと取引もありますので、その辺の調整は大きく影響がでることが多いと思います。

 

 さて在宅勤務(リモートワーク&テレワーク)良い事は沢山あるのですが、非常に時間の使い方が難しく8時間労働の場合も3時間〜5時間労働の場合も同じように、効率が上がらないケースがあります。

進捗状況が分かっている場合は対応策が取れるようにシステムを変更し、効率が上がる方向へ意見を出し合って決めていかないといけないし、それぞれもプライベートも関わって難しい事も山積みなのです。

 

子育て世代の人達も子育てが終わると、半分以上は通常勤務の条件の良い会社に転職をしてしまう事も多く、新しい人材の養成も必要になってしまいますので、国内では難しい事も多いのです。

しかし、グローバルな環境が100%でないと、海外拠点は無理ですし管理をすることが難しくなってしまいます。

 

現在の良い環境を続けるためにはもっと研究が必要で、持続性のある環境作りが必要だと考えていますのでもう少しこのまま続けていきたいです。