パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
在宅勤務(テレワーク&リモートワーク)の難しさを解決!(Kei)

JUGEMテーマ:お仕事

 仕事というのは決して自分で多い少ないを調整できる訳ではないので、常に残業をしたくなくても残業をしなければいけなくなる事もあるのですが、そうすると子供や家族の生活パターンは大きくズレてしまいます。

これでは在宅勤務の意味がなくなりますし、ストレスの原因にもなってしまいますので、その残業分を補ってくれる仲間が必要になります。

 

仕事量が多い時や少ない時のために、書類作成の営業もできるマルチな仲間が3人に1人の割合で用意されておれば、仕事の効率はとても良くなるのです。

勤務時間も2部制にすると子育て世代にはとても便利です。

仝畫9時から午後1時までの4時間

午後2時から午後6時までの4時間

8畍2時から午後4時まで2時間と午後8時から午後10時までの2時間の4時間

じ畫10時から正午まで2時間と午後4時から2時間の4時間

ジ畫9時から午後10時までの好きな時間で4時間

 

書類作成だけですのでそんなに大変ではないし、時間は書類の作成時間を見て割り振りしてくれる社員が1人で管理できますので、連絡がきちんと取れていれば問題は起こらないものです。

営業も店舗を回ったり、会社を回ったりするのでなければ在宅勤務で十分です。

 

挨拶回りは会社の顔である代表者や役員がやればいいのですから、面倒なことは代表者や役員が率先してやる事で、社員のストレスは軽減され正常な精神状態で仕事できるのです。

それでも多くの課題が残されているもので、これでいいという事がないくらいの問題が山積みされています。

 

やはり管理されてるというより自由に仕事ができることが大切なのですが、仕事の量が適切であることと給料分の仕事がされているかなどの問題、仕事量に見合った給料が支払われているか、福利厚生や有休休暇はキチンと取られているかなどの問題もありますので、経営する側からのアプローチと社員側からのアプローチは大きく食い違ってしまう事もあります。

 

意見の交換をみんなでしてこそだと思うのですが、そこがとても難しく少しでも差があると批判が出るものですし、その辺の環境作りがこれからの課題です。

エコも大切ですがやり過ぎはいけないですから、十分に考えながら仕事をしていく事が要求されます。