パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
チップセットの大きな勘違い!(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 現在流通しているマザーボードのチップセットについてちょっとだけ勉強しましょう。

AMD 400シリーズから説明したいと思いますが、このシリーズは「X470チップセット」と「B450チップセット」がありますので、大きな違いだけを説明しておきます。

 

今回は「GIGABYTE」の「X470 AORUS GAMING 5 WIFI」(20,500円前後)と「B450 AORUS PRO WIFI」(14,000円前後)を比較してみて下さい。

◎「X470チップセット」⇒PCIe Gen3/SLI&CrossFire可能・PCIe Gen2 8レーン・USB3.1×2・SATA 6.0Gb/s×6・Express×2

 

◎「B450チップセット」⇒PCIe Gen3/CrossFire可能・PCIe Gen2 6レーン・USB3.1×2・SATA 6.0Gb/s×4・Express×1

この様に大きな違いはないのでグラフィックカードの1枚でのゲーミングなら、どちらのマザーでも大きな違いはないのです。

価格差は6,000円強ですが、組み込んでの違いは感じられないくらいですし、トラブルも全くなかったですからこれから自作する方はよく考えて選んでください。

ただこれがAMD最新チップの「X570チップセット」だと大きく変わってきますので、触れておきます。

メモリーは64GBから128GB、PCIeはGen3(32GT/s)からGen4(64GT/s)、Wi-Fiも802.11acからaxと性能的には1.6倍となって価格も1.6倍以上になってます。

もうすでに組み込みが始まっていますが、次回触れたいと思います。