パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
レオパレスとダイワハウスの不祥事に一言!(Sho-R)

JUGEMテーマ:お仕事

 「レオパレス」の不祥事には丁度社員の社宅を用意しようとしていた時でしたので、テレビや新聞の報道に驚いたものですが、偶然は重なるもので、それに続いた「大東建託」、そして今度は「ダイワハウス」となんとも連鎖的に悪いことが続いている。

特にいずれの会社も人命に係わる事を疎かにしてしまっているのですから、弁解の余地がありません。

 

私達は社員も含めて、その家族の住宅も賃貸住宅が多くなりますので、最新の注意を払う必要がある事に気が付いたという事です。

借りる前にどんなところをチェックしなければいけないのかも考えなければいけないし、不動産会社にもチェックをした物件の紹介をして貰うようにしなければ安心できないと思っています。

 

私達のビジネスも原産国偽装が横行しており、国の機関がチェックしてくれないと、韓国産のものが日本製で売られたりしている現実にはちょっと驚いています。

海外のバイヤーも確認は取るようになってきていますが、まだまだ平然と行われているようですので、これからの日本企業は信用問題で苦労しそうです。

 

国全体の信用にかかわる事、人口が減り続けているのに安全な住まいが少なくなっていることなど、行政での安全確保が確立されていないこの国は、いつ沈没してもおかしくない状態まで落ちてしまっているように感じています。

衣食住という人間にとってとても大切なベースの安全性が失われて、基本的なことが忘れ去られた今、私達の子供たちはと考えると本当に心配です。

 

きっといろいろな事情が重なり合って悪い方向に企業が向かってしまったという事は、国の指導も安全性を疎かにする方向へ進んでいるようにとられてしまいますし、海外メディアも国全体のイメージと捉えると思うのです。

今後、大切な働き手が海外から押し寄せて来る筈ですが、最近まであったベトナム人研修者の大量失踪なども、劣悪な環境で生活をしていた人たちが多く、夢を抱いて日本に来たのに本当に可哀そうな事です。

 

つい最近の話ですが、10年以上も契約とは違った低賃金で働かされ、社会保険や雇用保険もない環境で、更に残業手当も支給されていない環境で働いていたフィリピンの人達に相談を受けたことがあります。

完全なブラック企業なのですが、たった1本の電話で済むのに誰にも相談できなかったし、帰国させられたらと思って働き続けたそうです。

勇気のある一人が電話を掛けて相談したら、すぐに調査が入って現在は社会保険も雇用保険もあるそうです。

 

海外からの労働者には雇用問題の窓口を設けてあげたり、知らせをして雇用させるようにして欲しいものです。

そういう事もしっかりとサポートして、みんなが安心して生活できる環境を構築して欲しいと願っております。