パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ONKYOが主力のホームAV(音響・映像)部門を売却!(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 いやぁ〜ビックリです。ONKYOはホームAV部門を米サウンド・ユナイテッド社に売却です。

1946年創業のONKYOは私達と共に昭和のアナログ時代から、平成のデジタル時代までこの業界を引っ張り続けてきたメーカーだけに、名前が残るものの寂しい限りです。

 

今でもCRシリーズのレシーバーは愛用していますし、スピーカーも2セットあります。本当に残念です。

国内のメーカーはまだまだありますが、本当に苦戦中でとても厳しい状況にあるようですし、これからも淘汰されていくのだと感じています。

 

 

 

私は「Integra700シリーズ」のプリメインアンプからでしたから、随分お世話になりましたし「サンスイ」と共に沢山のアンプを使って音楽を愉しんできましたが、先に「サンスイ」が香港メーカーに売られ、今度は「ONKYO」が米メーカーに売られてしまいました。

今でも2008年に発売された「CR-D2」は11年たった今でも現役ですし、2017年発売の「CR-N775」も素晴らしいCDレシーバーでできるならもう一台欲しいくらいです。