パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
新4K放送に必要な4Kテレビとチューナー(Sho-R)

JUGEMテーマ:オーディオ

 元号が「令和元年」になりましたので、あちこちでセールがスタートになりお買い得品満載です。

今回は新4K放送を観るための準備を進めたいものです。

 

新4K放送を見るには対応アンテナ(右旋・左旋対応BS/110度CSアンテナ)・対応ブースター・対応分配器・対応アンテナ端子・対応分波器に4Kチューナーが必要になります。

そして伝送速度18GbpsのHDMIと4Kテレビ側もHDCP2.2に対応していなければ、視聴ができないのです。

またアンテナ線も3.2GHzに対応している必要があります。

 

いずれにせよ4Kチューナーが必要ですので、4Kチューナーが付いているTVが必要になります。

もちろんHDCP2.2対応の4Kモニターなら、4Kチューナーがあれば視聴が可能になりますので、設備が対応済みか確認してみてください。

最近発売(2018年6月以降)された4Kテレビは殆どが対応していますので、心配せずにお買い求めください。

 

東芝「REGZA 50M520X」(85,800円前後)やPanasonic「VIERA TH-55FZ950」(186,000円前後)とSONY「BRAVIA シリーズ」などが売れていますが、これにハイセンスやLGなどの海外製品が割り込んできています。

大変な人気になりそうですが、じっくりと時間をかけて選んでみてください。

 

特にSONYとLGの新製品はみなさんも要チェックですし、製品を見比べてみてください。

価格差も激しく10万円~90万円と幅がありすぎですが、今月から店頭に徐々に並びますので私も楽しみにしております。