パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
今日はAVアンプを取り上げます!(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 最近はリビングでPS4でゲームをやったり、音楽を聴いたり、映画を観たり、カラオケしたりで機材が増えて困るのですが、こんな時はAVアンプがとても便利です。

もちろんマルチチャンネルも5.1chから13.2chまであって選り取り見取りなのですが、メーカーも「YAMAHA」・「DENON」・「ONKYO」・「Marantz」・「Pioneer」と種類も多く、とても選びやすい環境になっています。

 

あまり壊れたりしませんので10年は使えそうな製品が多いので、私の家にも2台の「YAMAHA」がありますが、そろそろ今年は新しいシステムを導入しようと思っています。

ほぼ3万円台後半から5万円台までにコスパの良いものが多いですが、高級なスピーカーや大型のスピーカーを鳴らすなら10万円以上の製品がお勧めです。

また中間のミドルクラス6万円台〜9万円台までの製品にも優れたものが多いです。

 

7.1ch・HDR・ハイレゾが基本ベースとなりますが、昨年以降に発売された製品からチョイスしてみました。

 

◎6万円以下

★YAMAHA「RX-V583」(33,800円前後)コスパ抜群でとにかく使い易くていいですし、ハイレゾ再生も綺麗です。

 

 

◎6万円台〜9万円台

★Pioneer「VSX-LX503」(75,800円前後)9.2chに対応してハイパワーディスクリートアンプ搭載の優れものです。

 

 

◎10万円以上

★YAMAHA「AVENTAGE RX-A3080」(262,900円前後)ハイクラスアンプの醍醐味が味わえる素晴らしいAVアンプ。

 

 

AVアンプはピュアオーディオに比べてしまう方も多いのですが、パソコンやゲーム機とつないだりならこちらが色々とできるので何かと便利ですし、カラオケやらDAWにも向いています。

遊び感覚でいろいろと楽しめますし、高級なスピーカーでもしっかりと鳴らしてくれるパワーもありますので、楽しみ方を工夫できるのが最高です。