オーディオ小僧とパソコン爺(パソコン病院)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
技適マーク無しの日本未発売スマホが使えるようになる!(Shun-J)

JUGEMテーマ:スマートフォン&タブレット

 電波法の改正案が国会に提出されたという事で、法改正がされれば届け出さえすれば日本でも技適マークが無くても、一定期間使用できるようになるという事です。

これまでGoogleの「Pixel2」やAppleのスマートスピーカー「HomePod」の様に技適未収得で、日本で発売されないという「日本スルー」が目立つようになりました。

 

これでは日本のアプリやサービス開発は遅れてしまう事を意味していますので、業界にとっては由々しき問題なのですが本当に残念なことだと思います。

「Room365」のエンジニアたちも欲しいものがあるのに、日本で使えない製品があることに時々不満を言っていますが、私も本当にそう思っています。

 

日本のスマホ産業だけでなく、ガジェット産業自体が遅れている事実から目をそらしては、新しいモノ作りが阻害されてしまう懸念をどう考えているのか、電波法の問題だけで規制するのはなんとなく理解できないです。

これから5Gとなって、IoTが進めば必要なガジェットが使えない等の問題がある訳で、これでは「日本スルー」がもっと進んでしまいます。

 

例えば「SONY」のXperiaシリーズはハイエンドの製品だけが国内で取り扱いされていて、海外では「Xperia 1」(未発売)の他にすでに「Xperia 10」(34,000円前後)・「Xperia 10 Puls」(41,200円前後)・「Xperia L3」(23,500円前後)がすでに発売されています。

こんな魅力的な製品が日本では使えないのですから、どうしてと思ってしまうのですが本当に残念です。

 

日本製のガジェットが少なくなって、日本人特有の生活スタイルも失われて来ていますし、どうしてこうなってしまったのだろうかと考えてしまうのですが、同じように感じている方が沢山いると思います。

今こそ、国を挙げてこんな「日本スルー」をさせない環境を作ることが大事だと思っています。