パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
日本酒に合うおつまみは?(Kei)

JUGEMテーマ:お酒

 10月くらいから寒くなると急に恋しくなるのが燗酒(日本酒)ですが、私の場合は「純米吟醸」が大好きで良く飲みます。

吟醸酒や大吟醸は香りが高いのですが淡麗なものが多くちょっと物足りない、しかし純米酒は味が濃いのに香りが足りないという事で、いいとこ取りした「純米吟醸」や「純米大吟醸」を自然に選ぶようになりました。

 

それでも銘柄によってもお米の種類によっても味は変わりますし、農作物ですからお米の出来不出来によっても味も香りも毎年変化しますので、毎年同じ味にすることは不可能なわけですから同じ銘柄でも同じ味になるとは限らないです。

「伯楽星 純米大吟醸」の様にフルーティーな香りはするのですが、しっかりと味もあってしかも「冷奴」・「チーズ」・「塩辛」となんにでも合うのがうれしいですし、「醸し人九平次 純米吟醸 LE K」や「東一 純米吟醸 Nero」のようにすっきりとした酸味でバランスの良いお酒はおつまみが無くても、すいすい飲めるものです。

 

  

この3本はやはり自分の好みに合っているのだと思いますが、日本酒もワインと同じように洋食のおつまみでも合うものが多くなりましたし、料理の邪魔をしないのでとてもいいです。

色々な銘柄で日本酒のイメージから抜け出したものがでていますが、それぞれ力作になっていて女性に優しい日本酒もあってとてもうれしいです。

 

女性が日本酒やワインを醸造したりするようになって、個性の強いお酒ではなく優しい味でまろやかなお酒もあって、いつもビックリしたりで新鮮ですし、色々と頑張ってくれて美味しいお酒が彼方此方で生まれています。

私は日本酒通でもワイン通でもありませんで、ただ飲む機会が多く日本酒とワインを飲む機会がウイスキーやブランデーに比べるとちょっとだけ多いと思っています。

 

夏のは暑い時期も家ではハイボールが多く、ウイスキーはスコッチ・アイリッシュ・バーボン・ジャパニーズ、ブランデーはコニャック・カルバドスなどがベースとなっています。

それでもやはり和食の時は日本酒、洋食の時はワインというのが決まりでしたが、最近は和食に合うワインもあって本当にビックリです。

でも、今でもビールが苦手で飲む機会がとても少ないです。(笑)