オーディオ小僧とパソコン爺(パソコン病院)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ニアフィールド環境のスピーカーシステム!(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 私の場合はニアフィールド環境で使っているスピーカーは「SONY」・「YAMAHA」・「ONKYO」・「Kenwood」・「Pioneer」・「Panasonic」・「Teac」と国内メーカーばかりで、海外メーカーを使用することも昔はありましたが、最近は衰退した国内メーカーを応援するつもりで利用しています。

 

よく海外かぶれなどと言ってバカにされたこともありましたが、当時は沢山の海外製品に良品が多かった時期もありましたし、スピーカーのサイズが大きく私の小さな四畳半の書斎に置くにはちょっと大変だことも影響して、小さな国内メーカーを選ぶようになりました。

もちろんPCのサウンドテストに必要な環境では「DALI」や「JBL」も使っていますが、音は好みもあってやはり結構難しいもので、アンプとの組み合わせでも随分と音が違って聴こえるものです。

 

本当にそれぞれの特徴が大切だと思いますし、ハイレゾ音源によってもその音質が違って聴こえてくるものです。

色々なサイトのレビューを見ていると、辛辣なことを平気で書いている人が多いのには本当に残念だと思っていますし、できればもっと優しさをもって対応して欲しいものだと思っています。

モノを懸命に作っている人や音作りを仕事にしている人もいるのですから、お互いに気遣いがあればもっと良いものができると信じています。

こんなに「何でも有り」の世界ですからこそです。

 

サウンドも珈琲もファッションもそれぞれの個性があって、好みもあってこそなのですから、それを尊重しあわないと上手く世の中が回らなくなってしまうと心配です。

 

ニアフィールド環境で一番好きなスピーカーがPioneer「S-CN301-LR」(ペア12,500円前後)、私が購入した時は20,000円近かったですし小さくて音質もモサッとしている感じで、鳴らし続けてエイジングに期待したものです。

結果的にインシュレーターやスピーカースタンドも用意して、現在の柔らかな好みのサウンドに変化してとても良くなりました。

小さなサイズですから低域は物足りなさはあるものの、二アフィールド環境では十分に頑張ってくれていると思います。

 

「Room365」では「DALI」の「OBERON1」(ペア43,700円前後)をテスト用に使っていますが、最近エイジングのために我が家に来てました。

こちらもエイジングが終わったらとっても魅力的なスピーカーに変身です。

 

これもとても良いスピーカーで艶のあるボーカルは圧巻ですし、お勧めの製品です。

こんな感じで好みの音のスピーカーを見つけ出して欲しいと思います。