オーディオ小僧とパソコン爺(パソコン病院)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
JBLのブックシェルフ「STAGE」か「STUDIO」?(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 最近の工房「Room365」で人気「JBL」の「STAGE A130」(19,000円前後)と「STAGE A120」(16,000円前後)と「STUDIO 220」(29,000円前後)と「STUDIO 230」(39,000円前後)について書いてみようと思います。

発売から考えると「STAGEシリーズ」は昨年の発売、「STUDIOシリーズ」は13年発売ですので5年経過してますし、最初に聴いた印象とはまるで違うのが後者で、前者は最初の印象も時間が経過してからの印象もとてもいいです。

 

「STUDIOシリーズ」(写真左)はエイジングが進むまではこもった感じでちょっと嫌な音でしたが、エイジングが進むととても綺麗な高音がでるようになってとても良くなりました。

ちょっと癖がありますので好みがあると思いますが、それなりに良い音なのでJBLでは珍しくクラシックを聴いてもいいです。

 

 

「STAGEシリーズ」(写真右)はエイジングが進んで音がすっきりとして透明感のある音に変化して、とても良くなりましたし小さくても十分な低音がでますので、ニアフィールドではとてもいい音です。

こちらが高級感もあってサウンドも最初から艶があってジャズボーカルもいいです。

 

「Room365」は3畳くらいのブースになっていますので、完璧なニアフィールドですから自然な音がしますのでとても良いです。