パソコン物語(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ゲーミングデバイスのマイクについて!(Shun-J)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 ゲーミングデバイスでマウスの感度とマイクの遅延については、結構嫌な経験がありあります。

ヘッドセットとして購入したデバイスのマイクは音質が悪く粗悪なものが多く、自然ときちんとしたコンデンサーマイクを用意して使っておりますが、カラオケにも利用できて便利です。

最近はノイズキャンセリング機能によって徐々に解消はされてはいますが、環境によっては遅延が酷くなってしまいます。

 

USB接続のオーディオインターフェイスを利用していますが、これらはみなさんもご存知の音楽制作に使われている製品が多く、とても便利で音質的にもハイレゾに対応したりでナチュラルな環境が構築できます。

今日はこんなマイクやオーディオインターフェイスの紹介をしてみたいと思います。

DTMやDAWなどにもカラオケにも使えますし、ゲームも高音質で楽しめますのでお勧めです。

 

遅延の問題は古くからあったのですが、USB2.0から徐々に少なくなってUSB3.0ではほとんど遅延は気にならなくなりました。

ZOOMのUAC-2(21,000円前後)がUSB3.0、TAC-2R(25,000円前後)がThunderbolt対応となっていてこれらは遅延のない録音やカラオケが楽しめます。

 

192kHz/24bitのハイレゾにも対応してUSB-DACとしても使えますので、その便利さは一度使ったら離せなくなりますし、マイクプリアンプ搭載でとても自然ないい音です。

私のマイクは3種類「audio technica」「BEHRINGER」「marantz Professional」ですが、「MXL」「BLUE」「AKG」「RODE」もいいですし、高級な「NEUMANN」もあったらいいなと思います。

 

チャットでもカラオケでもゲームでも自分の声がナチュラルに聴こえますので最高に楽しいです。