オーディオ小僧とパソコン爺(パソコン病院)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ブックシェルフスピーカー選びが今年のスタート!(Sho-R)

JUGEMテーマ:オーディオ

 今年の趣味第1号は「オーディオ小僧」から「カメラ小僧」に変身つつある私ですが、やはりオーディオから完全に離れる訳にもいかないのです。

正月からいろんなことがあり過ぎて落ち込んだりもしますが、人生はすんなりとは進んでくれないものです。

ニアフィールドで使うスピーカーはスタジオでない限りモニタータイプやパワードではなく、できればしっかりとしたアンプに繋いで音楽や映画を愉しみたいものです。

 

あまり大きなものも困りますので小型のブックシェルフがベターなのですが、5万円以下の優れものスピーカーを選んで見ましたので参考にして頂けると幸いです。

私の音の基本はDALIの「ZENSOR3」(44,000円)ですが、机上に置くにはちょっと大きい(幅205x高さ351x奥行293 mm)のでやはりニアフィールドではボヤケが気になりますので、「ZENSOR1」162×274×228mm(34,900円)がギリギリで、「ZENSOR PICO」141x231x195 mm(20,900円)がスッキリします。

 

昨年発売された「OBERIN1」 幅162×高さ274×奥行234mm(45,500円)は、「ZENSOR1」や「ZENSOR3」に比べて高域が綺麗に出ますのでボヤケが少ないですし、低音も良く出ますのこれは素晴らしい事です。

エージングが終わればもっと変化すると思いますので、まだ私のところには無いですが期待して待っている状態です。

 

 

 

また人気のJBLの「STEGE A130」(19,000円)も190x321x245mmと、何とも微妙な大きさなのですが素晴らしいです。

しかも19,000円ですからビックリですよね?ちょっと大きいなと思うなら「STAGE A120」170x285x185mm(15,900円)もあります。

 

 

 

 

他にも安くていいのがFOSTEXの「P804-S」(17,800円)も140x264x172mmも小さいのにまとまりの良いクリアな音で驚きコスパです。

 

 

今年はこの3セットを購入して音楽を楽しみたいと思いますが、DALIの「OBERIN1」は既に購入済みでエージングを頼んでおきましたので、もう少し待っている事になります。

DALIは「Room365」のエンジニアの中でも特に好まれたスピーカですし、ニアフィールド環境では素晴らしいと思っています。

今年はハイレゾも一段落して落ち着いてきましたので、原点に返って聴き比べてみたいと思っておりますし、機材もAVアンプからアナログアンプまで揃っていますので、愉しみが増えました。

 

徐々に日本のスピーカーも良いものが沢山出てきているのですが、海外のスピーカーに比べるとまだ少し差があるように感じていますし、ニアフィールドで音楽を聴くなら十分だと思います。

でも一時期の酷い状態からは脱出しているようです。期待しています。

もちろん大きな部屋で聴くならそれなりのサイズが必要になりますが、PCオーディオでの利用なら小さくてもクリアなサウンドが良いものです。

本格的なサウンドを求めるならまた違ったスピーカーが必要になりますので、今年は機会を設けてそんなスピーカーも取り上げてみたいと思います。