オーディオ小僧とパソコン爺(パソコン病院)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
USB Type-CとThunderbolt 3は全く別物で〜す! Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 「USB Type-C」と「Thunderbolt 3」が同じと思っているとちょっと困りますので、2回に分けて説明をしておきます。

「Thunderbolt 3」はあると便利ですが、使い方にコツが必要でケーブルなどの長さでも仕様が異なります。

 

「USB Type-C」とはただの端子の形状の一種で、基本的にはUSB 2.0規格ではあるがUSB 3.1にもなり、「Thunderbolt 3」にもなりますし、USB PD(USB Power Delivery)がある仕様のタイプもあって、Alt Mode対応ならば映像出力も可能なのです。

したがって大変便利なのですが、機能の追加が必要で追加がなければただの端子の形状の一種でUSB 2.0規格の製品です。

しかし、USB 3.1 Gen1(USB 3.0)・USB 3.1 Gen2・Alt Mode(DisplayPortやThunderboltなど)・USB PD(USB Power Delivery)の機能追加があれば形状は同じでも、全く違った動作が可能になるのでとても便利なのです。

 

「Alt Mode」とは、USB Type-Cの端子を使って別の信号が送れるようになっているもので、このケーブルがあってパソコン側が対応していれば「DisplayPort」や「Thunderbolt 3」の信号が送れるようになります。

また、USB 2.0/3.0/3.1の規格では5Wぐらいしか出力できませんが、正確にはUSB 2.0では2.5W、USB 3.0では4.5Wが限界ですし、「USB PD」に対応しているUSB Type-C端子やケーブルだと、最大100Wまで電力供給できるようになっていますので素早くチャージが可能になる訳です。

 

これらの中でも「Thunderbolt 3」は最大転送速度が40Gbpsと高速である事、USB 3.1 Gen2を内包しDisplayPort 1.2も内包していますし、PCI Express3.0を内包していますが、ケーブル長によって速度や機能が異なるです。

 

 

 

 

とても便利すすし対応ノートPCやディスクトップPCはそんなに多くないけど、あったらとても便利なのでお勧めです。

次回はケーブルの長さ等によってどのような違いが出るのか説明いたします。