Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
競馬を難しくしているのは自分自身です!(大雅)

JUGEMテーマ:競馬

 競馬に興味を持って実際に馬券購入するようになって7年目に突入ですが、最初はお金もなかったし1レース1000円くらいでした。

3点から5点で「馬連」か「3連複」で購入していましたし、研究室でバイトを始めた頃は楽しみの一つであってその後の事は想像もできなかったのです。

研究室のバイトといってもパソコン工房「Room365」での修理や組み込みのお手伝いがメインでしたので、研究室で何をしているのかは最初は分からなかったのです。

 

その後やっと競馬の研究室である事が分かって驚いたのですが、みんな「Room365」が暇な時は研究室で競馬データと睨めっこですし、どうやら競馬がメインの仕事なのかと思ったくらいでした。

その後なんとなく参加した「競馬塾」で衝撃の事実に遭遇します。それが「勝ち逃げ」でした。

今は引退してOB会のメンバーですが、「ボス」や「シゲ」さんは毎日朝から晩まで徹夜で競馬研究を続けていると思うと、次の日は「Room365」で楽しそうにパソコンを組み立てているのです。

 

「競馬塾」で初めて「Pランク」の存在が分かったのですが、それを「勝ち逃げ」に利用している事にもビックリでしたし、「Pランク」を直ぐには受け入れられなかったです。

そうです、自分で考えるのが競馬のあり方だと思っていたので、到底理解することが出来なかったのですが、最初から6頭に絞られているのですからこんなに楽な事はないのに、人間は自分が納得出来る方法や方向に向いてしまうという事が分かりました。

こうして競馬を自分でさらに難しくしてしまっていることに気付くまで、更に1年も費やしてしまったのです。

 

最初は「競馬塾」で勉強したことを自分の馬券術に活かそうと努力したのですが、更に迷路に陥ってしまいました。(笑)

どうしても「Pランク」があるからという考えが出来なかったのです。

この頃から1年も勉強してきたのに、「Pランク」を利用して購入を始めた仲間との差がどんどん開いて行ったのですが、決定的な差を感じたのは同じ年の仲間が24歳で1戸建てを購入したことでした。

彼は最初から「勝ち逃げ」をしてコツコツと貯めたお金を頭金にして一戸建てを購入したのです。

 

それで彼と話をするようになって「競馬塾」2年目の後半に、やっと自分の間違いに気づいたのですから呆れてしまいますが、その彼が研究員でただ一人「Win5」を「Pランク」6頭の全組合わせを購入しているのです。

拘りが全くなくて目に見えることをすべて信じてしまう彼は、「Pランク」を深く考える事もなく的中が多いからと理由で全面的に信じているのです。

先輩達がみんな一戸建てに住んでいるから、間違いないと単純に考えたようです。

 

OB会のみなさんは「日本の競馬はサンデーサイレンスによってグレードアップし、キングカメハメハやディープインパクトによって熟成した」が口癖でしたが、こうして欧米で産駒の活躍が見られるようになって本当に楽しみが増えました。

これが「Pランク」のレベルをもさらにアップしているのですから、色々な面でこれが正しいと思う事が多くなりました。

人間の間違いは自分自身だと気付かないものなのですね?いい勉強になりました。