Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「勝ち逃げの歴史」研究室を作った理由!(Kei)

JUGEMテーマ:競馬

 「勝ち逃げの歴史」の最後は私が書くことになりました。

私が研究室を作ったのは「シゲ」さん達の借金が原因で、それまでは「勝ち逃げ」を人に教えようとは思いませんでしたし、信じてもらえるとは思っていなかったのです。

創設時の研究員達の「達ての願い」に負けて教えることにしたのですが、直ぐに間違いであると気付かされてショックを受けてしまったのです。

 

何と20年分の研究資料が紛失してしまい3ケ月も「勝ち逃げ」が出来ない状態に追い込まれ、たまたま半分をコピーして保管してあった「シゲ」さんお陰で足りなくなった分を補って再スタートを切りました。

しかしまだまだ熟成していない資料ですから、徐々にマイナスに落ち込んで辞めて行く研究員が増えて、最後は「ナカ」さんと3人だけになりました。

それで「シゲ」さんと「ナカ」さんの二人で「競馬塾」を開いて後継者を育てようと思ったそうで、私を激励する意味もあったのでしょう。

 

ところが最初に暴走したのが「シゲ」さん、ミイラ取りがミイラになったのです。

考えもしなかった方法で「勝ち逃げ」を始めたのです、最初は調子が良かったのですが徐々に成績が悪くなって、借金作って行方不明になりました。

この時は「ナカ」さんが大ショックでずっと探し続けたのですが、本人は自宅にいたようで借金取りから逃れるため常に居留守を使っていたそうで、色々と大変でしたが1年半かけて借金を返させました。

 

この時代の日本の競馬はまだ熟成しておりませんしパソコンがない時代なので、データ分析にもファクター分析にもとても時間が必要でした。

丁度「キングカメハメハ」や「ハーツクライ」の世代から、本格的に熟成期に入った様で、PCの導入もされ成績がグーンとアップしました。

彼らの次の年が「ディープインパクト」の世代で日本の競馬が大きく進歩したのです。

 

熟成期を迎えた日本の競馬は私達にも大きなプレゼントをしてくれたのですが、「3連複」と「3連単」によって「勝ち逃げ」の利益は大きく向上しました。

今年は「ナカ」さんが亡くなったりでいろいろと問題もありましたが、「ココモ式勝ち逃げ」ですでに目標額を超えたコースもあって、土曜日は「3連複」だけ、日曜日は「3連単」だけとなっています。

 

会員の募集等は行っていませんので、「Pランク」を好きなようにアレンジしてみなさんなりにチャレンジして欲しいと思っています。

分からない事があればどうぞメールでお問い合わせください。よろしくお願いします。