Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
良質なメモリーでも相性問題は終わらない!!(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 「CFD」・「G.Skill」・「Corsair」・「crucial」とブランド上位はあまり変化がないのですが、最近は安さで売れてる「CFD」は別として、ゲーミングPC用としては一時期より人気を落としている、「Corsair」と人気の「G.Skill」に「crucial」が加わって三つ巴の様子になっています。

 

特に8GB×2又8GB×4、16GB×2又は16GB×4が売れ筋となっていて、2枚で16GB中心に「G.Skill」と「Corsair」のOCメモリー製品が飛ぶように売れています。

「ASUS」のマザーでは3600MHzで起動するのに、「MSI」のマザーでは2666MHzでしか起動しない等の相性問題もあって、ちょっと危険な冒険ではあるのですが、私達も何種類かのメモリーを用意して動作確認してから出荷しています。

 

BIOSを上げたら2666MHzでしか動かなかったのが3600MHzで起動するようになったり、色々ありますがチップがOCチップですからしょうがないのですが、やはり定格では使用したくない気持ちも分かります。

実際にその速度での体感は感じられませんし、無理にOCメモリーに拘る必要はないと思います。

 

現在のベスト3は下記の通りです。

 

 

●「Corsair」CMK16GX4M2A2666C16(18,600円前後)2666/16GB

●「crucial」Ballistix W4U2666BMS-8G(18,300円前後)2666/16GB

●「G.Skill」F4-2666C18D-16GTZR(20,300円前後)2666/16GB

 

 

ヒカリ物タイプも動画の様に人気ですし、色々と楽しめるのがとても良い環境になりましたが、価格がまだまだ高いのでいきなり64GBとは「高嶺の花」状態、せめて32GBくらいは載せたいものです。