Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
MVNO(格安SIM)でエコライフ!「家族編」(Sho-R)

JUGEMテーマ:エコライフ

 スマホはスペックに拘る「ハイクラス派」7万円以上と、ある程度のスペックがあればOKという「ミドルクラス派」3万円以上と、通信ができればという「エントリークラス派」3万円以下と、大きく分けると3つのクラスに分かれると思います。

どんなスペックでも2年縛り〜4年縛りになってしまうのがキャリアのシステム、更に値引きがあるので実質料金がお得になるように計算されているが、実際は通信料金が高いので値引きがあっても高い料金を払わなければなりません。

 

インターネット環境が自宅や職場にあるなら、5GB等の少ない契約でも十分に使えるものですが、インタネット環境がない場合は思いっきり「YouTube」も楽しめないのが現状です。

したがってどうしても20GBで契約する必要があります。

4,088円SIM3枚の8GBプラン×2、1,730円のSIM1枚で合計9,906円が7枚のSIMの料金ですが、1年でも118,872円これにインタネット料金が6,200円(電話込)で年74,400円、合計193,272円が1年分となります。

 

キャリア利用では家族4人での支払いは「iPhone XS Max 64GB」20GBが月14,018円×4人×12カ月で合計672,864円となります。

その差は1年間479,592円となり、2年なら959,184円の差になってしまいますが、android端末(Sony Xperia XZ2 Premium・Sony Xperia XA2 Plus・ASUS Zenfone 5Z・Samsung Galaxy S9+)料金が280,000円必要ですので2年間で680,000円もの違いが出てしまいます。

実際に端末は2年から3年平均は使いますので、10年も経過すると3,600,000円もの差があります。

 

この10年分の節約で7.2KWの太陽光発電170万円と27KWの蓄電池150万円が出来てしまいますので、エコライフは徐々に確実に進化していきますが、これで災害時の電源も確保できるのですからそれこそ計り知れない安心感があります。

そこから先は10年毎にいろいろな部分をエコライフに切り替えることが出来る様になります。

白熱球から蛍光灯、そしてLEDと明るさだけでも75%もエコになりましたし、色々と工夫すればもっとしっかりしてエコライフが構築できるものです。

 

災害が起こってから準備するのではなく、その前に対策を取っておく必要があるのですが、井戸の再利用などは今回の北海道の地震では見直されています。

いろんな意味で便利になった世の中ですが、便利さに頼りすぎていると災害時にはアタフタするだけで、危機管理もできないパニック状態に陥ってしまうのです。

「備えあれば憂いなし」ですからエコライフを今一度考えてみて下さい。