Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
液晶ディスプレイ4Kから4K HDRへと進化!(Sho-R)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 PCの液晶ディスプレイはフルHDから4Kに、4Kから4K HDRへと変化していますが、簡単に説明しますと解像度が1920×1080ピクセルが4Kの場合は3840×2160ピクセルと解像度がアップするものです。

しかし明暗差はこれまでSDRのフルHDから4K HDR対応によって、明るさが加わって画質がとてもクッキリとなってさらに画質が向上しております。

 

スマホのカメラの映像もHDR対応で明るさが変化して大きく変化しており、このHDR(High Dynamic Range)技術によってPC液晶ディスプレイも家庭用テレビも大きく進化しております。

これによって映画鑑賞やゲームプレイ及び、写真や動画編集も素晴らしい高画質で楽しめる様になったのです。

 

ただこの明るさには私も経験済みですが、ゲームをプレイするにはあまりにも目が疲れてしまうので慣れるまでの間は、チョット大変でした。

しかし最近のゲームでは、グラフィックス設定内にHDRの使用有無と詳細設定が出来る様になりましたので、設定を変更することによって目の疲れが軽減出来る様になりました。

 

ただSLI構成にでもしないとグラフィック環境が最高画質では、4K解像度で60fps以上出るようなスペックの製品はありませんので、今回発売されるGeForce RTX2000シリーズは大いに期待できそうなので楽しみにしております。

 

 

 

写真はAcerの27インチ「XZ271Ubmijpphzx」と31.5インチ「XZ321QUbmijpphzx」ですが、こちらは4KモニターではないのですがHDR10に対応したWQHD(2560×1440)本当に綺麗です。

こんなモニターでゲームをしたいものです。