Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
大型化するスマホの液晶画面(Sho-R)

 Appleから発売される新iPhoneシリーズにも、液晶サイズが6.5インチの「iPhone XS Max」(1242×2688pixels)がありますが、スマホの液晶画面はどんどん大型化しています。

それでも本体は157.5mm×77.4mm×7.7mmで208gで、チョットだけ重さが気になりますがサイズは気にならないです。

 

 

私が新しく購入した「ASUS Zenfone 5z」6.2インチ(1080×2246pixels)も結構大きいのですが、本体は157mm×75.7mm×7.9mmで155gと小さくて軽いのが特徴で、最新のチップセットでサクサクです。

そこで夏モデルから秋モデルの各メーカーの製品を比較してみました。

 

 

●Huawei P20 Pro:6.1インチ・1080×2240・155mm×73.9mm×7.8mm・180g・トリプルカメラが特徴

 

 

●Samsung Galaxy S9+:6.2インチ・1440×2960・158.1mm×73.8mm×8.5mm・189g・トリプルカメラが特徴

 

 

●SONY Xperia XZ3:6.0インチ・1440×2880・158mm×73mm×9.9mm・193g・シングルカメラ

 

 

こうして動画で比べて見るとその違いよりも個々の良さが分かると思いますが、私が「ASUS Zenfone 5z」を購入した理由は重さでした。

やはり180gを超えてくるとちょっと重いと感じますし、200gを超えるとなんとなく持っているのが苦痛に感じてしまうのです。

 

父はずっと日本企業を応援していますので「SONY Xperia」シリーズを使っていますが、180g以上のものは家に置いてそれ以下の製品を古くなっても使っています。

外に出る時は軽くて最低減のアプリでサクサクにして、家では重くても大き目のスマホを使っていますが殆どが競馬用です。

こうして目的別にして使うのも「おしゃれ」だと思いますし、以前は重いタブレットでしたから画面が大きければスマホで十分な訳でタブレットは要らないのです。