Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スマホ料金もインタネット料金も改革の余地有!(Kei)

 先日2年縛りや凄い事に実質4年縛りもあると申し上げたスマホやインタネットの契約は、法律に触れる部分が見え隠れしているのはみなさんもご存じだと思うのですが、これが給料が思うように上がらないこのご時世に、徐々にですが縛りはなぜか長くなっているような事が平気で行われているのです。

 

政府もあまり触れたくないのかやっと重い腰を上げたようですが、縛りもオプションも何れも代り映えしない方法で、システムはなんとなく悪い方向に進んでしまっています。

私達はネット回線もスマホも出来る限り経費を抑えた形にしていますので、ネット回線は二年毎に安いのが見つかればそれに切り替えていますし、スマホは個々に好きなスマホを購入してもらって購入補助を行ってSIMはMVNOの格安SIMを支給して使っています。

 

それも1グループ(3人)10GBのファミリープランですから、14人分でも2.1万円です。

スマホが45,000円×14=630,000円、20,000×24=504,000円で合計1,134,000円ですが、通常料金で計算すると9,800円×24×14=3,292,800円とほぼ3倍になってしまいます。

実際には機種によっては自己負担が30,000円〜45,000円はありますので、それでも半分で済む訳です。

この差額はほぼ研究室の運営費と同額ですから驚いてしまいます。

 

インタネットも普通のタイプですがその時一番安いものにしていますが、もう値下げをしても十分に儲けられる状況にあるのに、顧客側も企業も大きく変わった通信費の値下げをして欲しいと願っています。

私達の研究室では1年で100万も差額が出ますので、それを太陽光パネルや蓄電池の増設等に使ってエコライフを実践しています。

もちろん完ぺきではないのですが、その効果は徐々に大きくなりつつあります。

 

個人的にもほぼ5万円の端末に親子4人で使って仮に3年間同じ端末を使ったとすると、200,000+6,450×36=432,200円ですが、普通に2年縛りで契約すると7,800×4×36=1,123,200円となります。

もう少し安ければ通信費は飛躍的に経費の削減になる訳で、大きな会社ほどその恩恵は大きくなるのです。

技術力の欠乏によるシワ寄せはもうすでに始まっており、日本のスマホでグローバルモデルを販売しているのはSONYだけとなって、中華スマホの技術力は既に日本を超えてしまいました。

 

国ごとの格差はどんどん広がっていきますので、日本の企業ももう一度国がさらなる応援をして技術力を上げる努力が必要だと思っています。

どんな国でも仕事はグローバル化が急速に進んでおり、私達も新しい会社のあり方を模索中です。

もう少しせめて1カ月5,000円以下に収まる料金にして欲しいものです。