Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
太陽光発電+蓄電池でエコな環境づくり!(Kei)

JUGEMテーマ:エコライフ

 実際にパナソニック(HIT変換効率19.3%)6.18Kwで177万前後、シャープ(ブラックソーラー変換効率19.6%)6.14Kwで184万前後、東芝(プレミアム変換効率22.1%)6.48Kwで195万が現在の相場です。

これでおよそ1年間で神奈川県の日照時間で計算をすると年間8,100Kw〜8,500Kwの発電量、これに蓄電池2台の設置170万です。

 

平均的な4LDKの家屋で4人家族での電気料金は25万円前後ですから、太陽光6Kw〜6.5Kwの発電量でほぼ賄えるのですが、自家消費なら8年で太陽光発電の費用は確保できる計算になりますし、パネルの寿命は25年は持ちますのでコンデショナー等は10年前後で交換が必要なので結構長く使えることになりますので、効率的には大変な節約になります。

 

これに蓄電池があれば日照時間の少ない時期でも、夜間料金を活用して充電することと太陽光発電で余った分を蓄電することでさらに電気料金を下げることが出来ますし、停電にも備えることが出来ますので一石二鳥にもなる訳です。

売電することを考えなくても実際には売電料金が安くなってしまっていますので、すべて自家消費型で使う事でも十分に元が取れるようになっています。 

 

私達の研究室では家庭の半分前後の消費電力ですから、同じ設備で研究室も「Room365」も賄えることになります。

今ではLED照明や換気設備の工夫でも、大変多くの節電が出来る様に工夫がされていますし、積極的にそれらに取り組んでエコライフの研究にも取り組んでいます。

まだまだこれまでの取り組みが5年間だけでは不十分なのですが、データも集まってきていますので徐々に改革に取り組んで行きたいと考えています。

 

今年みたいに暑い夏の日は発電効率が悪くなる太陽光パネルですが、これからも色々と研究してみたいと思っており、パネルの寿命も徐々に延びていくでしょうし、蓄電池技術がもっと進歩すれば大きな改革となると信じています。

みなさんも未来のために自然エネルギーを利用したエコライフに注目してみて下さい。

子供達が安心して暮らせる世界が来ることを願っています。