Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Assassin's CreedやBF ファンのためのゲーミングPC!(翔)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 これから発売が予定されている「Battlefield V」や「Assassin's Creed Odyssey」はみなさんにとっても楽しみなタイトルですが、これから発売されるゲームは描写がこれまでよりも重くなることが考えられますし、4K対応などで設備環境も一層強固なものが必要になるものと思ってください。

 

私の家ではゲームをするのは私と弟、常に現実的な問題に直面していつも親父に叱られるのですが、最近のVGAはどんどん高価になっていますし、自作パーツもPC離れが始まってからは本当に高価なものになりつつあります。

それでもお金を貯めてコツコツとパーツを購入してストックしていきます。

 

寒い冬でも弟がゲームをしていると暖房器具がいらないくらい部屋が暖かくなりますし、PCケースを工夫しないとファンの回転音が煩くてとても迷惑なものです。

「AVAファンのための小型ゲーミングPC」から、今回も静音部品を使ったゲーミングPCを考えてみました。

 

●マザー:ASUS ROG STRIX Z370-F GAMING 22,500円

 

●CPU:Intel Core i5 8400 BOX 20,100円

●メモリ:crucial CT2K8G4DFS824A 8GB 2枚組 18,200円

●SSD:crucial MX500 CT500MX500SSD1/JP 13,600円

●GPU:Palit NEB108TH15LC-1020G 96,000円

 

●ケース:JONSBO U4BR  6,480円

 

●電源:Seasonic SSR-650FM 11,300円

合計188.180円

 

これが最低ベース、M.2 SSDも使いたいしメモリも32GBは搭載したいのですが、20万以内でとなるとこれが限度です。

M.2 SSDも熱に弱いのでその他のパーツが必要だし、メモリもちっとも下がってこないですし、TDP65WのCPUに密閉型のケースで静音型のゲーミングPCとなるとこんな感じです。