Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Coffee Lake対応Micro-ATXマザーのNo.1「ASUS ROG STRIX Z370-G GAMING」(翔)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 今回はMicro-ATXサイズのCoffee Lake対応ゲーミングマザーのNo.1です。

こちらもATXマザーと同じで「ASUS ROG STRIX Z370-G GAMING」(21,000円前後)がダントツの組み込み量でしたが、最近は意外とこのサイズを使用する方が少なくなりました。

 

 

No.1になるだけあって問題が少なく非常に安定していますし、トラブルらしいトラブルもなくスムースに作業が進みとても良いマザーだと思います。

また耐久性もあってなんとなくOCにも挑戦したい誘惑に駆られてしまうのですが、最近やっとテストが完了し満足のゆく結果が出ています。

 

起動ディスクをM.2 SSDにする場合は、時々呼び出しスピードに影響が出ることがありますので、発熱対策をきちんとして欲しいです。

私達もヒートシンクやファン付きヒートシンク等を用意したりして対応しました。

 

このサイズのマザーではASUS「ASUS ROG STRIX Z370-G GAMING Wi-Fi AC」(23,300円前後)も人気でしたが、ASRockの「Z370M Pro4」(12,000円前後)やMSIの「Z370M MORTAR」(15,100円前後)も人気がありました。