Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ゲーミングPCの準備は今からです!(Intel)(駿)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 夏休みに向けての「ゲーミングPC」はここから準備を始めるのはいつもの事ですが、今年はやっぱり第8世代Coffee Lake-Sと第2世代RyzenとCPUの選択技が増えましたので、Mini-ITXとATXマザーでエンジニアのみなさんでパーツを選んでみました。

 

 

★Mini-ITX★

●マザー:ASUS「ROG STRIX X370-I GAMING」24,000円

●CPU:Intel Core i5 8400 BOX 20,100円

●SSD:MX500 CT500MX500SSD1/JP 14,900円

●メモリ:G.Skill F4-3600C19D-16GSXWB 23,000円

●電源:Seasonic SSR-650FM 13,500円

●VGA:GTX 1070 AERO ITX 8G OC 55,900円

●ケース:RAIJIN TEK METIS PLUS 4,980円

●OS:Windows10 12,000円

合計168,380円

 

 

★ATX★

●マザー:ASUS「ROG STRIX Z370-F GAMING」22,900円

●CPU:Intel Core i7 8700 BOX 34,000円

●SSD:MX500 CT500MX500SSD1/JP 14,900円

●メモリ:G.Skill F4-3600C19D-16GSXWB 23,000円

●電源:Seasonic SSR-650FM 13,500円

●VGA:ROG-STRIX-GTX1070TI-A8G-GAMING 67,500円

●ケース:JUNSBO U4BR 6,500円

●OS:Windows10 12,000円

合計194,300円

 

CPUは65Wのタイプを選びましたのでクーリングにはそんなに注意しなくても、十分に耐えてくれますが熱に弱いM.2 SSDを使用する場合はケースのエアフローが大切ですので、注意してください。

 

今回は問題の少ないパーツをモデルに組み合わせたのですが、マザーはそれぞれのメーカーの特色が出ておりますし、お好みで選んでいただければと思います。

私も自分用にATXのASUS「ROG STRIX Z370-F GAMING」で組み込みましたが、VGAは1080Tiにして非常に快適に動いていますので大満足です。

次回はAMDのRyzenシリーズを対象にセットしたいと思います。