Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
YAMAHAのAVレシーバー「AVENTAGE」はさらに上質に!(Kei)

JUGEMテーマ:オーディオ

 「YAMAHA」のAVアンプといっても、正確には「ネットワークAVレシーバー」と言い替えた方がしっくりするのですが、これまでのデザインからちょっと変わって、RX-Vシリーズとこれまでの全面にカバーの付いた「AVENTAGE」シリーズの中間的なデザインの「AVENTAGE RX-A780」と以前からのデザインの「RX-A880」が発売されました。

 

下位モデルの「RX-A780」(71,900円前後)はブラックとチタンの2種が発売されましたが、ハイレゾ2ch再生は音の抜けが良くなって素晴らしいですし、非常に良くなりましたしゆったりと音楽が楽しめるといった感じです。

上位モデルの「RX-A880」(85,000円前後)はさらに音質が良く、金額差以上に感じられましたが予算が限られるなら「RX-A780」でも十分だと思いますし、Wi-Fiが2.4GHz/5GHzデュアル対応は大きな進歩となっています。

 

 

このクラスになるとHDMI出力も2系統ありますし、Dolby AtmosにもDTS:Xにも対応していて、対応サンプリングも96kHz/24bit(ALAC)、192kHz/32bit(WAV*/AIFF)、192kHz/24bit(FLAC)、48kHz(MP3、WMA、MPEG-4 AAC)、11.2MHz/1bit(DSD)、5.6MHz/1bit(DSD)、2.8MHz/1bit(DSD)と幅が広いです。