Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
第二世代Ryzenと新しいマザーとの組み合わせ予算!(大雅)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 第二世代Ryzenが発売されてゲーミングPC市場は活況なのですが、新しいゲーミングPCを組み込むその予算等考えてみたいと思います。

現在の上位は「ASRock X470 MASTER SLI」と同じくWiFiが付いてる「X470 Taichi」が人気があるようですが、きっと誰かが取り上げると思いますので、今日は「X470 Taichi」で組み込み価格をチェックしてみましょう。

 

 

●ASRock「X470 Taichi」29,400円前後

●MSI「GTX 1080 Ti GAMING X 11G」99,800円前後

●AMD Ryzen 7 2700X BOX 37,200円前後

●Micron 1100 MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY (35,700円前後)

●G.Skill F4-3600C19D-16GSXWB(24,500円前後)

●Seasonic SSR-650FM (13,500円前後)

●Thermaltake VIEW 37 RGB Plus CA-1J7-00M1WN-01(19,200円前後)

 

合計 259,300円

 

SSDは2TBのMicronで、今回は熱対策を考えなくてはいけないM.2 SSDはチョット避けて、丸ごと2TBにビッシリとゲームを詰め込んでみたいと思って選んでみましたが、G.Skillのメモリもあっさりと3600駆動でとても良いです。

ちょっと贅沢かなと思いましたが、メモリは16GBよりも32GBは欲しいですが、予算の関係で今回はという事になりました。

 

新Ryzenもサクサク感たっぷりで、ガルウイングのケースもいいものですし空冷では静かだと思いますし、LEDもとても綺麗です。