Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「Win5」的中に夢を乗せて今度は「凱旋門賞」へ!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 「Win5」は「Pランク」で十分楽しめるとのですが、記事を書くのを頼まれましたので忙しい「ボス」に変わって書きました。

通常「Pランク」は11時頃から12時半までにはみなさんに伝えられるのですが、要はそれをどのように組み合わせて購入するかを私なりに書きましたのでどうぞ参考にしてみて下さい。

 

★4月22日「Win5&メイン」対象レース

●京都10R02・01・11・12・10・03⇔12→(勝馬です)

●東京10R16・06・02・15・13・14⇔13

●福島11R16・02・14・06・11・15⇔16

●京都11R04・09・08・05・10・01⇔05(G2マイラーズC)

●東京11R04・01・10・12・16・11⇔04(G2フローラS)

 

★4月29日「Win5&メイン」対象レース

●東京10R17・07・11・15・05・03⇔05→(勝馬です)

●京都10R07・09・11・10・12・08⇔11

●新潟11R03・11・01・02・05・13⇔01(谷川岳S)

●東京11R03・11・07・05・10・09⇔11(スイートピーS)

●京都11R11・06・12・08・14・02⇔12(G1天皇賞)

 

購入額は次のようになりますが、購入点数が少なくなればなるほど的中率は悪くなるのですから、上手に組み合わせが出来るかがポイントになります。

●6頭×6×6×6×6=7,776点

●5頭×5×5×5×5=3,125点

●4頭×4×4×4×4=1,024点

●3頭×3×3×3×3=243点

 

理想的には2頭から5頭を選んで購入するのが理想なのですが、私の場合は上位3頭と下位3頭から1頭づつ消し馬を選んで、最初は4頭に絞ります。

この方法については「競馬塾」と「研究室」で先輩たちに教えて貰ったものですが、ここから先はもう未知の世界、どんなに頑張っても自分の考えで残った馬達から消し馬を選ぶわけですから、正直「運を天に任せる」状態です。

 

例えば22日の京都10R「桃山S」は私の場合1番と3番を最初に消し馬にしましたが、どちらも休み明けで昇級という事で消し馬にしたのです。

でも、3番は最後まで逃げ粘っていましたし、ハラハラドキドキ状態は最後のレースまで続くのですが、やはり最後の2鞍を3頭に絞ったのが正解で、4:4:4:3:3=576点での購入です。

 

やはり29日も最後の2鞍がしっかりと抑えられていたと思いますが、どんなに絞ってもて天皇賞は3頭残しになってしまいます。

2頭まで絞って失敗は沢山あるのですが、4頭残しだと失敗は驚くぐらい少なくなります。

全5レースを4頭残しですと、1,024点で102,400円となるのでちょっとは躊躇してしまいますが、576点以下なら結構すんなりと購入できるものです。

何度か同じようにやって大きな配当が的中してますが、次回はそのことにも触れたいと思います。