Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
お米の話ァ嵎_と佐賀の特A米 夢つくし・夢しずく」(道大)

JUGEMテーマ:名物グルメ

 日本各地の特A米の紹介をしていますが、今回取り上げているのは29年度に新しく特Aに選定されたものや、ここ5年くらいの間に特Aに選定されたお米を中心にお知らせしております。

 

色々な美味しいお米があって旅行先でも珍しいお米に出会う事がよくあります。

もちろん楽しみでもありますが、同じお米でも炊き方によって大きく差が出るもので、実際に自分で炊いて食べてみないと分からない部分も沢山あります。

 

私もお米に関する仕事だけでも30年近くもやってきましたし、色々なお米を食べてきました。

私の育った北海道で初めて特Aになったのが22年度の「ななつぼし」、その次の年から「ゆめぴりか」が登場し、27年には「ふっくりんこ」が仲間入りして、北海道にも美味しいお米があるんですよと胸を張れるようになったのです。

 

今回は九州地区のお米です。

北海道と並んで九州地区でも特A指定を受けるお米が徐々に増えており、福岡県の「ヒノヒカリ」(熊本県・大分県も)・「夢つくし」、佐賀県の「さがびより」・「夢しずく」、熊本県の「森のくまさん」、鹿児島県の「あきほなみ」等も含めて特A米に選定されています。

 

その中から福岡県の「夢つくし」と佐賀県の「夢しずく」を紹介します。

 

 

 

◎夢つくし⇔福岡県のお米ですが、福岡県オリジナルのお米なので地元では早くから話題に上っていたお米、福岡農林試験場で育成が行われ、ほど良い粘りとしっかりとした歯ごたえで、優しい甘さが特徴のお米です。

「キヌヒカリ」と「コシヒカリ」の交配から生まれたお米です。

 

◎夢しずく⇔こちらは佐賀県のお米で、佐賀農林試験場で育成され、非常に光沢のある炊きあがりでほど良い粘りが特徴のお米です。(佐賀県出身の中島潔画伯のイラストが素敵です。)

こちらは「キヌヒカリ」と「ひとめぼれ」を交配したお米です。

 

まだまだ、日本には美味しい特A米が沢山ありますが、残念ながら全部を紹介するのはちょっと難しいのですが、「コシヒカリ」・「ひとめぼれ」・「ササニシキ」等が人気だった時代とは好みが変化してきていると思っています。

最近はお水を少なめにしないといけないお米が多くなったようですが、その分甘さに特徴が出てきた様に思えます。