Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
1年間で一番忙しい時期は年2回あります!(駿)

JUGEMテーマ:競馬

 前半期最高に忙しいのがこの開催替わりの時期、中盤は9月のローカル競馬の終了時、後半は11月の開催替わりと年3回はあるのですが、やはりなんと言ってもこのクラシックレースが行われる4月から5月の間の10日間は本当に大変です。

データ分析が間に合わないで休むこともある週なのですが、PCの掃除とアップグレードが重なるためにそれこそ本気で頑張らないといけないのです。

 

次に忙しいのが11月の開催替わりで、ここでもデータの入れ替え作業とPCの掃除がありますし、調子の悪いPCがあれば全交換となるですが、最近は7日間で全てが終了しています。

その次に大変なのはローカル競馬の終了時で、この時はデータの入れ替え作業だけで3日もあると終わります。

 

したがって今週が一番の忙しさで間に合わなければ、時々ですが「勝ち逃げ」をお休みすることもあるんです。

私たちの夢は「凱旋門賞」での日本馬の優勝ですから、その時期が来たら現地で応援したいと思っていますが、オルフェーヴルの時もディープインパクトの時も残念な結果になりました。

 

でも大きな差があった時代と違ってサンデーサイレンスのお陰で日本の競馬は大きく変化しましたが、それだけでは残念ながら世界のレベルを追い抜くくらいのパワーに欠けているのです。

オルフェーヴルの父ステイゴールドは日本の軽快な馬場で勝てなかったのに、海外では好走したように同じサンデーサイレンス系でも違った特徴があって、ドリームジャーニー・ナカヤマフェスタ・オルフェーヴル・ゴールドシップ・フェノーメノ・オジュウチョウサンなどにその良さを残しています。

 

また、キングマンボ系のキングカメハメハ産駒でもルーラーシップ・ロードカナロアなど海外で活躍した馬達が、これから良い馬達を残してくれるような気がしています。

 

これらの血統からは初年度産駒にオルフェーヴル産駒の「ラッキーライラック」と「エポカドーロ」、ロードカナロア産駒の「アーモンドアイ」とG1馬が誕生したように、今後が楽しみなのはみなさんも感じていると思っています。

本当に強い馬がでてきたらと毎年思っていたのですが、「アーモンドアイ」は牝馬ながらこれからは牡馬との混合レースでも活躍しそうですし、「エポカドーロ」も楽しみな存在です。

今後はこれらの馬達が活躍すれば「凱旋門賞」も違ってくるものと思っています。