Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
G1を沢山勝った馬達!(賢)

JUGEMテーマ:競馬

 昨日「ボス」が「ウィンクス」(Winx)の事を書いておりましたので、今日はG1レースを沢山勝った馬達を取り上げてみました。

日本ではG1レース7勝馬が最高ですが、世界最高というとアメリカの「ジョンヘンリー」(Johe Henry・せん馬)の16勝、全成績83戦39勝とせん馬だったので9歳まで現役でしたし、1982年の第2回「ジャパンC」にも遠征して1番人気になりましたが13着になっています。

アメリカの牝馬では「ゼニヤッタ」(Zenyatta)の13勝が最高で全成績20戦19勝です。

牡馬では「スぺクタキュラービット」(Spectacular Bid)の13勝が最高で全成績は30戦26勝ですが、「ジョンヘンリー」のライバルでもありました。

 

オーストリアでは「ブラックキャビア」(Black Caviar・牝馬)のG1レース15勝が最高ですが、25戦25勝と無敗でしたのでその強さは並外れていたようです。

昨年これに並んだのが「ウィンクス」(Winx・牝馬)でやはりG1レース15勝、まだ現役なので今年G1で1勝すれば16勝となって塗り替えられるのですが、オーストラリアの牝馬はとても強いのです。

 

フランスでは「ゴルディコヴァ」(Goldikova・牝馬)のG1レース14勝が最高で、全成績は27戦17勝ですが生まれはアイルランドです。

 

イギリスでは「フランケル」(Frankel。牡馬)のG1レース10勝が最高で、全成績14戦14勝の無敗での達成でした。

 

 

世界にはまだまだG1レース10勝以上の馬がおり日本馬の7勝はまだ少ない方、海外では1年間で8勝も7勝もすることもあったようで、アメリカの「レディーズシークレット」(Lady's Secret)や「シガー」(Cigar)は1年でG1レースで8勝しています。

 

 

「エネイブル」の強さにも驚かされましたが、「フランケル」の強さも凄かったのですね。 

まだまだ世界には強い馬が沢山いるのですが、「エネイブル」と「ウィンクス」の対戦観てみたいものです。