Audio小僧&PC爺(オーディオ小僧とパソコン爺)

パソコン・旅行・競馬・オーディオ・スマホ・タブレット・お酒の情報!
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
    
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ハイレゾを楽しむプレーヤーソフト!(翼)

JUGEMテーマ:コンピュータ

 ハイレゾ対応のプレーヤーソフトはWindowsなら「foobar2000」「MusicBee」「MediaMonkey」・「HQ Player」等、MACなら「iTunes」・「BitPerfect」・「Audirvana Plus」等、両方OKなのが「AudioGate 4」・「JRiver Media Center」「Amarra 4」「VLC media player」等です。(基本的に無料なのが赤字表示です)

 

MQAファイルにも徐々に対応が進んでおり「MQA Decoder」が搭載されて、さらに使いやすくなっているのが「Audirvana Plus」や「Amarra 4」です。

MQAファイルはWAVやFLACファイルに比べてサイズが小さいので、音質が悪くなると考える方が多いと思いますが「これもアリかな!」と思うくらい、いい音なのです。

 

僕達は仕事上でも使う事が多いので「JRiver Megia Center」を使っていますが、こちらはまだMQAに対応はしてないのです。

オーディオ機器の対応も最近始まったばかりでもどんどん増えていますし、SONYのDAPも対応しましたので聴いてみましたが音質は文句無しに良かったです。

 

「JRiver Megia Center 23」が今年のバージョンですが、基本的にWindowsもMACもこちらを使っていますし、スマホでは「VLC media player」を利用しています。

現在はCDはWAVファイル、購入したファイルはそのままの形式でHDDにキープしていますが、聴く前にFLACに変換しています。

それぞれのプレーヤーソフトがMQAに対応したら、PCで利用できるよう環境の準備を進めています。

 

先ずはPC側のプレーヤーソフトの設定から始めてみて下さい。

無料だから音が悪いという事はありませんので、自分に合った使いやすいのを選んで下さい。